『魔女の宅急便』のニシンパイ嫌がる女の子。大人になったら見方が変わる? 宮崎駿さんの考えが深かった。

子どもの頃、「あたしこのパイきらいなのよね」に衝撃を受けた人も…。監督の宮崎駿さんは「ああいう事は世間にはよくある事でしょ」と話しています。
「魔女の宅急便」より、キキがニシンのパイを届けるシーン
「魔女の宅急便」より、キキがニシンのパイを届けるシーン
スタジオジブリ

スタジオジブリの人気アニメ『魔女の宅急便』。

1989年公開の言わずと知れた名作ですが、中でも印象的なのが、宅急便の仕事を始めた主人公のキキが、女の子にニシンのパイを届けるシーンです。

4月29日に日本テレビ系の金曜ロードショーで放送されると、このシーンをめぐって、ネット上では様々な意見があがっています。番組の公式Twitterでは、監督を務めた宮崎駿さんの考えを発信しました。

どんなシーン?「あたしこのパイきらいなのよね」の一言

キキに仕事の依頼をした老婦人は、孫娘のパーティーのためにニシンのパイを作ろうとしますが、オーブンの調子が悪くて上手くいきません。キキは慣れた手つきで薪を使って焼くのを手伝い、焼きたてのニシンのパイを孫娘の元に届けます。

大雨にさらされ、濡れないように気遣いながら運ぶキキ。しかし玄関先で、孫娘は「おばあちゃんからまたニシンのパイが届いたの」と家の中に声をかけ、受取証にサインしながら「あたしこのパイきらいなのよね」とつっけんどんに一言。キキは傷ついたような表情を見せます。

その後キキは自分の「仕事」について悩み、さらには、風邪を引いて寝込み、ほうきで飛べなくなるというスランプにも陥ります。

「魔女の宅急便」より、風邪をひいて寝込むキキ
「魔女の宅急便」より、風邪をひいて寝込むキキ
スタジオジブリ

宮崎駿さんの考えは?「世間にはよくある事」

金曜ロードショーの公式Twitterは、放送中に作品に関わる豆知識を発信。そのひとつとして、このニシンのパイのシーンについて「ショックをうけた方も多いのではないでしょうか」と言及し、 孫娘の喋り方を「気に入っている」という宮崎さんの言葉を紹介しました。

「僕はあのパーティーの女の子が出てきた時のしゃべり方が気に入ってますけどね。あれは嘘をついていない、正直な言い方ですよ。本当にいやなんですよ、要らないっていうのに、またおばあちゃんが料理を送ってきて、みたいな。ああいう事は世間にはよくある事でしょ。

それはあの場合、キキにとってはショッキングで、すごくダメージになることかもしれないけど、そうやって呑み下していかなければいけないことも、この世の中にはいっぱいあるわけですから 」

「子供の頃は嫌な人と認識してたけど…」

ニシンのパイのシーンをめぐっては、Twitter上で以下のような見方があがっています。

「子供の頃は単純に嫌な人と認識してたけど、大人になるとなんとなく事情を察してしまう」

「孫が感じてるありがた迷惑に近い気持ちもすごく分かる」

「文句言いながらも受け取ってるし、キキのことも特に悪く言ってないし、いい子」

「孫娘も大人になったら考え方が変わるかもしれない。ニシンのパイを懐かしく思い出す日がくるかも」

子どもの頃から親しんできた人が多いジブリの作品。年を重ね、感じ方が変わったり、新しい見方ができるようになったりしたという声が多くあがり、ジブリの作品の奥深さに、あらためて注目が集まっています。

Popular in the Community