日本ハム

時事通信社

稲葉篤紀、引退表明 プロ野球20年目で「後悔はまったくない」

日本ハムの稲葉篤紀内野手(42)は9月2日、プロ野球20年目の今季限りでの現役引退を表明した。札幌ドームで行われた記者会見では「体力的にも思うようにできなくなった」と理由を語った。侍ジャパンの精神的支柱として活躍し、2000本安打も達成したスラッガーが球場に別れを告げる。