パラリンピック

「もう一度スポーツがしたい」下半身まひの三段跳び元日本女王、パラ陸上で返り咲き

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年06月11日

「三段跳びで目指していた、世界で戦える選手になりたい」陸上元日本女王、パラの舞台に。

オリンピックに足りないもの

河野太郎 | 投稿日 2017年05月20日
河野太郎

このままではオリンピックに足りないものがあります。例えば...

東京オリンピックの費用負担

河野太郎 | 投稿日 2017年05月12日
河野太郎

オリンピックの費用負担でもめるのは何もこれが初めてではありません。中止になった戦前の東京オリンピックでも費用負担でもめたようです。

安楽死は、豊かに生きるため。日本旅行の夢を叶えた、パラ金メダリストが語る"その時"

HuffPost Japan | 栗田路子 | 投稿日 2017年05月11日

豊かに生きるための安楽死とは? 友人であるマリーケの歩みや、安楽死希望の登録をした筆者の経験とともに考えてみたい。

「幸せが詰まった人生です」母の日に「ダウン症のある子と親」写真展、表参道駅構内で

HuffPost Japan | なかのかおり | 投稿日 2017年05月06日

「ダウン症ということにかかわらず、親子の物語が出ている」

障害者スポーツのマッチングサイト「マイパラ!」がオープン クラウドファンディングA-portで開発費調達

A-port | 投稿日 2017年04月21日
A-port

障害のある人もない人も自分にぴったりの障害者スポーツを見つけられるマッチングサイトが19日オープンした。

東京オリンピックに関わる企業「LGBT施策」が必要な理由

松岡宗嗣 | 投稿日 2017年04月18日
松岡宗嗣

LGBTに関する企業の施策が今後もっと増えていくことになりそうです。

オリンピック・パラリンピックだけじゃない!ワールドゲームズなど様々な世界大会!

篠原肇 | 投稿日 2017年04月18日
篠原肇

スポーツの世界大会は上記のオリンピックやパラリンピック、ワールドカップや「世界陸上」に代表されるような世界選手権以外にはないような錯覚を受けます。

世界の舞台で活躍することが、スポーツができる喜びを大きく拡げる

スポーツくじ(toto・BIG) | 投稿日 2017年03月31日
スポーツくじ(toto・BIG)

豊田まみ子選手と上地結衣選手は日本を代表するパラアスリートだ。常に世界の頂点で戦う二人が、東京2020パラリンピックにかける思いとは。

「走りたいから義足になる道を選んだ」骨肉腫を乗り越えて、高桑早生さんが挑戦し続ける理由

The Huffington Post | 投稿日 2016年12月26日

走ることが大好きだった女の子は、小学校6年生の時に骨肉腫を患い、左足を切断するという決断をした。

リオ五輪で50人以上がカミングアウトしたのはなぜ? LGBTの権利向上を目指すスポーツ界

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2016年11月21日

LGBTフレンドリーな国になるかどうかは、東京オリンピック・パラリンピックの成功に欠かせない要素です。

片足のパラリンピック選手、ディズニーの仮装でハロウィンの話題をさらう(画像)

The Huffington Post | Ed Mazza | 投稿日 2016年10月30日

「ハロウィンは、自分が何か他のものになれる日です」

「六本木アートナイト」を東京全体に広げよ

安倍宏行 | 投稿日 2016年10月24日
安倍宏行

光る馬のゆるゆるとした動きは荘厳で、その幻想的な雰囲気に、会場を訪れた人達からため息が漏れた。

【東京五輪】ボート、韓国開催も検討 IOC、現計画で困難なら

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年10月18日

2020年東京五輪のボート・カヌー会場について、IOCが、現計画の海の森水上競技場(東京湾臨海部)での実施が困難な場合を想定し、韓国での開催を検討していることが分かった。

オリンピック会場の見直し、埼玉県知事「都から打診ない」組織委「極めて不透明」⇒混迷へ

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年10月14日

「申し入れが全くないのに辞退のしようがない。とんでもない話です」

「闘えることは、歓びだ」個のスキルを活かしてチームでつかんだ、リオパラリンピックの表彰台

The Huffington Post | 投稿日 2016年10月06日

リオパラリンピックで悲願の銅メダルを獲得したウィルチェアーラグビー日本代表チーム。池透暢選手と池崎大輔選手に、競技の魅力や独特なルールについて聞いた。

パラ・スポーツの発展と商業化、パラリンピックレポート

ニールセンスポーツ | 投稿日 2017年05月07日
ニールセンスポーツ

パラリンピックへの長期的な関心の向上に加え、IPCは、世界中で行われている他のパラ・スポーツ大会への認知・関心の向上にも尽力しています。

共生社会という"パラリンピックレガシー"-「感動ポルノ」対「ノーマル社会」:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2016年09月20日
ニッセイ基礎研究所

2020年の東京大会では、共生社会という"パラリンピックレガシー"が実現することを期待したい。

パラリンピック閉会式で東京大会をPR 「視覚障害の方が逆の発想」【画像集】

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年09月19日

「障害があることは、新しい可能性を持つことでもあるんだ。そう言える東京を目指して。」を合言葉に、ピチカート・ファイヴの「東京は夜の7時」の曲などにあわせて東京を表現した。

2020東京五輪に寄せて、私の思うバリアフリー⁉️

恩田聖敬 | 投稿日 2016年09月18日
恩田聖敬

結局、子供は前の方の席に移り、私は子供の後頭部を眺めながら試合を見るのです。

【東京オリンピック・パラリンピックを考える】2020のその先の未来へ「共生社会」という遺産を残そう

連合 | 投稿日 2016年09月16日
連合

労働運動がオリンピック・パラリンピックにより深く関わるようになった契機は、2012年ロンドン大会だ。

「人ができないことができるじゃない?だって私は義足だから。」東京パラセレモニーの出演者は【リオ閉会式】

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年09月15日

GIMICOさんの他に出演者として発表されているのは、事故で左足を失ったプロダンサーの大前光市さん、暗闇のエンタテインメント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」のファシリテーター、檜山晃さん。

日本の国連加盟60周年記念シリーズ「国連を自分事に」(4)

国連広報センター | 投稿日 2016年09月15日
国連広報センター

日本が為すべきこと、できることはまだまだ沢山あります。

パラリンピックと共生社会-「公平性」のための「ルール」づくり:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2016年09月14日
ニッセイ基礎研究所

スポーツとして競技自体の存在価値が揺らぎかねないからだろう。

パラリンピック男子1500m(視覚障害)、4人がオリンピック金メダル記録を超える

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年09月14日

もしオリンピックに出ていれば、彼らが表彰台を独占した。