吉高由里子さんの「手」が反響呼ぶ。母と並んだ写真に「絶対30年後こうなるじゃん」

NHK大河ドラマ「光る君へ」で主演を務める吉高由里子さん。母の日のエピソードが話題を呼んでいます。
吉高由里子さん(2020年)
吉高由里子さん(2020年)
時事

俳優の吉高由里子さんが、5月14日に自身の公式Xを更新。母の日の様子を投稿し、話題になっている。

「母の日 毎年お寿司なのだけれど」から始まるこの投稿。吉高さんが、母親と一緒に寿司店に行った際に撮影されたと思われる写真が添えられている。

写っているのは、2人の手。吉高さんの右手、そして母親の左手が触れ合うように並んでいる。

「母が話をしてる時の手の癖が強すぎて 突っ込んでたら ちょっと待って?手、置いてみて? って並べた結果 絶対30年後こうなるじゃんって程似てた」と、寿司店での母親とのやりとりをつづった吉高さん。

続けて、「ダンボール指で開けちゃう感じも 揚げ物も手でやっちゃう感じも 女優の手からかけ離れてるのも ここに出ちゃってるよね」と普段の生活を振り返った。

この投稿には、「似てる」「優しい手ですね」「私も今度母と撮ってみます」など、多くの反響が寄せられている。

吉高さんは、コメント欄にも「みんなもお母さんと手を並べて撮ってみて」と投稿している。

吉高さんは現在放送中のNHK大河ドラマ「光る君へ」で主演を務めており、SNSでは普段の生活やドラマの秘話などを明かし、注目を集めている。

注目記事