BLOG

ベルリン、今死んではいけません

2016年12月21日 01時29分 JST

ベルリン、あなたは愛そのものです。

ベルリン、あなたは愛そのものです。

愛と人々の暮らしそのものです。

愛と振動です。

ドイツの心臓の鼓動です。

あなたは、人々を魅了する場所です。

しかし、嘆きの場所となりました。

あの夜、あなたはたくさんの血を流しました。

罪なき人々にトラックが突っ込み、

彼らは歩く屍となり、

悪魔は笑い、

そして恐怖が人々の暮らしに存在を示しました。

--

あと1人の涙によって、

あなたは息絶えてしまうでしょう。

カイザー・ヴィルヘルム記念教会の近くで、あなたはじっと横たわっています。

恐ろしいほどの静寂のなか、哀れに嘆く、爆弾によって空洞化された神々の空間です。

しかし、戦争は信仰に無知です。

攻撃やその攻撃への仕返しは、平和に対する願いを粉々に破壊したものです。

100万人の死しか、降伏をもたらしません。

別離と破壊しかもたらしません。

ベルリン、今死んではいけません。

なぜならあなたの愛なしでは、人々の心を恐怖が切り裂いてしまうからです。

限界を知らない恐怖が。

もしかしたら、以前よりも強固な壁が必要とされているのかもしれません。

人々の意識の中にある壁。

どんなものでも破壊できない壁です。

あなたを束縛する限界なき恐怖も。

クリスマスマーケットへの恐怖も。

アラビア語を喋る人々への恐怖も。

スカーフをかぶりながら、夜一人で地下鉄に乗る恐怖も。

生きることへの恐怖も。

死ぬことへの恐怖も。

ハフィントンポストドイツ版より翻訳しました。