berurin

生活を「段階的に」元に戻していくフェーズに入り始めたヨーロッパ。感染拡大の防止と経済活動の再開を両立させるためのヒントをベルリンの事例から探ります。
「自由のない、独裁の日々――。確かにそれは、芸術や文化の自由が、ここまで高く評価されるようになった要因の一つではあるでしょう」。
グリュッタース文化相の「芸術は生存に不可欠なもの」という言葉とともに発表されたドイツ政府のフリーランスへの補償が話題を呼ぶが、実際はどうなのか。在ベルリンの日本人映像ディレクター、細井洋介さんに話を聞いた。
ロックダウンの状況を聞いて、「そんな不便な生活やっていられない!!」と思うのであれば、今のうちから外出を必要最低限に控えることで、このような最終手段は免れるかもしれません。
壁があったのは1961年8月13日〜1989年11月9日までの10316日だった。
なぜ日本人が「リベリア移民」を取り上げたのか。公開に合わせて来日した福永監督に聞いた。
私は基本的にリスクはどこにでもある、と思っています。重要なのはリスク管理で、私が「デジタルノマド」になったのはそのリスクを最大限に減らすためでもあります。
ベルリンでクリスマスマーケットにトラックが突っ込んだ事件で、捜査当局は24歳のチュニジア人の男が事件に関与した疑いがあるとして、公開捜査を始めた。
親愛なるFacebookへ。月曜日のちょうど午後10時すぎ、あなたは私が大丈夫かどうか聞いてきた。それは何と馬鹿げた質問だろう。