Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

Tawny Engleman Headshot

「レイプを正当化するわけじゃないけど...」そんな男性の疑問に私が答えます。

投稿日: 更新:
RAPE
Abused young woman looking at the camera. Help me! | kieferpix via Getty Images
印刷

レイプのニュースを聞いて、こんな風に思ったことありませんか?

「全ての男性がレイプ犯じゃない」

それは、全ての女性が安全だという意味ではありません。罪のない男性について話すのではなく、レイプの犠牲になった、罪のない女性たちに目を向ける方が大切です。

「彼女は酔っていたよ。酔っぱらったら大変なことになるって、わからないのかな?」

酔っているときは、タクシーで帰ります。ハイヒールが折れます。頭痛に苦しみます。レイプ? それは犯罪であって、酔った結果ではありません。

「どうすれば身を守ればいいのか若い女性たちに教えれば、レイプは起こらないはず」

みんなが消火器を持っていれば、火事は起こりません。

性差別

それは、裁判官でレイプ犯の安全を、犠牲になった女性より優先させること。

人種差別

刑務所は非暴力犯罪で告発された黒人男性でいっぱい。なのに、三つのレイプ罪で有罪判決を受けた白人が、刑務所に入るのは厳しすぎるとみなされること。

特別扱い

レイプ事件のことを聞いても、何か間違っているに違いない、と否定すること。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

Close
リオデジャネイロの集団暴行事件に抗議する女性たち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png