seihanzai

多くの女性が偽ポルノ動画の脅威に晒されているが、ディープフェイクポルノを取り締まる規制はない。
待ち伏せや、下着の色を聞かれるなどの被害の相談が複数寄せられているという。国土交通省は鉄道事業者に対し、駅アナウンス以外の方法を検討するよう要請した。
コーヒータンブラーの中に精液を入れた行為は「器物損壊」扱い。法律や社会の姿勢に、批判が起きています
性犯罪に関する法務省の検討会で、約1年間にわたる議論の報告書がまとまった。「暴行・脅迫」要件の見直しや、性交同意年齢の引き上げなどが論点になっていた。
暴行・脅迫要件の見直しは?時効は延長される?大詰めを迎える、性犯罪に関する法務省の検討会。これまでの議論を取りまとめた報告書案が初めて提出されました。
韓国社会を揺るがした「n番部屋」事件、チャットの創始者とされるムン・ヒョンウク被告の判決。事件の舞台となったのは、メッセージアプリ「テレグラム」内のチャットルームだった。
サラさんが被害に遭ったのは「午後9時半頃」「友人宅から自宅に戻る途中」「公園を通っていた」時だった。特に常軌を逸したとは思われない状況下での誘拐に「他人事とは思えない」と声が上がっている。
明治時代に制定されてから変わっていない「性的同意年齢」、被害者に高いハードルを強いる「暴行・脅迫」要件など。いま議論されていることを解説します。
「なんで被害者たちを守る法律がすぐできないのか、本当に理解できないです」。現在の刑法性犯罪の問題点について話し合うイベントが開かれました。
キャンペーンでは、性犯罪に関する刑法の要件を見直し、「意思に反する性的行為」を処罰の対象とするよう訴えている。海外では刑法改正が広がっている