seihanzai

被害の実態に即した刑法に改正されるのか。法制審議会での議論が正念場を迎えている。
「被害者が同意していないにもかかわらず性的行為を行う」ことを処罰するために、どのように刑法を改正するべきなのでしょうか。法務省の法制審議会で進んでいる議論について、3つのポイントを解説します。
国際人権NGO「ヒューマンライツ・ナウ」は要望書で、不同意性交等罪の導入も求めた。
専門家は、子どもに「自衛」を押し付けていては被害を防げないとして、グルーミングの手法が広く知られることが重要と話します。
グルーミングを処罰する規定や、公訴時効の見直しといった論点も議論される見通し。
多くの女性が偽ポルノ動画の脅威に晒されているが、ディープフェイクポルノを取り締まる規制はない。
待ち伏せや、下着の色を聞かれるなどの被害の相談が複数寄せられているという。国土交通省は鉄道事業者に対し、駅アナウンス以外の方法を検討するよう要請した。
コーヒータンブラーの中に精液を入れた行為は「器物損壊」扱い。法律や社会の姿勢に、批判が起きています
性犯罪に関する法務省の検討会で、約1年間にわたる議論の報告書がまとまった。「暴行・脅迫」要件の見直しや、性交同意年齢の引き上げなどが論点になっていた。
自民・公明両党が近く提出を予定する、わいせつ行為で懲戒免職になった教員の復帰を防ぐ新法では、保育士が対象外になっているほか、対象を懲戒免職者に限定している。