seihanzai

暴行・脅迫要件の見直しは?時効は延長される?大詰めを迎える、性犯罪に関する法務省の検討会。これまでの議論を取りまとめた報告書案が初めて提出されました。
韓国社会を揺るがした「n番部屋」事件、チャットの創始者とされるムン・ヒョンウク被告の判決。事件の舞台となったのは、メッセージアプリ「テレグラム」内のチャットルームだった。
サラさんが被害に遭ったのは「午後9時半頃」「友人宅から自宅に戻る途中」「公園を通っていた」時だった。特に常軌を逸したとは思われない状況下での誘拐に「他人事とは思えない」と声が上がっている。
明治時代に制定されてから変わっていない「性的同意年齢」、被害者に高いハードルを強いる「暴行・脅迫」要件など。いま議論されていることを解説します。
「なんで被害者たちを守る法律がすぐできないのか、本当に理解できないです」。現在の刑法性犯罪の問題点について話し合うイベントが開かれました。
キャンペーンでは、性犯罪に関する刑法の要件を見直し、「意思に反する性的行為」を処罰の対象とするよう訴えている。海外では刑法改正が広がっている
萩生田光一文科相年明けの通常国会で改正法案の提出を見送ると発表。「私自身も忸怩たる思いがある」と語った。
2018年にアメリカ・バージニア州議選に立候補。児童ポルノ、女性へのレイプや暴力を容認する法律制定を公約に掲げていた。
日本の性交同意年齢は「13歳」。明治時代に制定されたまま変わっていません。刑法見直しの検討に合わせて、年齢の引き上げを求める声が高まっています。
酒に酔った状態の被害者に対する性暴力を認定。「被害者らしさ」を求める判決は破棄される傾向にある。