Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

withnews Headshot

本物ヤクザはドラマと違う? 給料はいくら? 上納金は? 命狙われない? 専門記者に聞いてみた

投稿日: 更新:
印刷

2016-10-31-1477879841-126080-883625e5l.jpg
こう見えて新聞社の記者です(朝日新聞東京社会部の緒方健二記者。暴力団や事件が専門)

ヤクザって、誰もがその存在を知っているのに、実態はよくわからない人々ですよね。ドラマのヤクザと本物ってどう違うの? 怖いけど、気になる。本人たちには聞けないので、ヤクザに詳しい専門記者に聞いちゃいましょう。(朝日新聞東京社会部記者・原田朱美)

【画像】死者25人「山一抗争」 組長射殺が発端、山口組が一和会に勝利

ごくせん VS 若者


ご紹介します。

朝日新聞東京社会部の緒方健二記者(57)。
暴力団など組織犯罪と事件の専門記者です。通称「ごくせん」。

迫力ある外見ですが、記者歴30年以上のベテランです。

緒方記者「記者生活の大半を事件、警察、裏社会取材に費やしてきた半端者です」

対する質問役は、大学生ら20歳前後の若者9人。
ヤクザに興味津々です。日頃の素朴な疑問をぶつけてもらいました。

緒方記者「今日は、こんな風体のヤツの話を聞きに来てくださって、ありがとうございます」

学生「(苦笑)」

ではさっそく、学生の皆さん質問をどうぞ!

学生「ヤクザって、どういう人がなるんですか?」

緒方記者「かつて取材したある組長は『自分たちは、社会にどうしてもなじめない人たちを受け入れる器なんだ』と言っていましたね。この組長によれば、さまざまな事情で就職できない人たちが少なくなかった、と。ほかには学校にも行かず、あるいは行けずに非行や犯罪を繰り返している少年たちも。親が『親分のところで鍛え直してください』と頼みこんでくるケースもあるそうです。最近は『楽にカネもうけしたい』と実態を知らずに入ってくる者も。この手の人はすぐに辞めるそうです」

学生「映画やドラマで見るヤクザって『義理と人情』を大切にするイメージですが、本物はどうなんですか?」

緒方記者「ああ、そうですよね。みなさんは高倉健さんってわかりますか? 2014年に亡くなった名優です。映画『鉄道員』のような、不器用で律義な渋いイメージがあると思いますが、若い頃はヤクザ映画でとっても人気を博した人なんですよ。1960年代に東映の任きょう映画がはやったんですが、鶴田浩二さんってご存じ?」

学生「......」

緒方記者「じゃあ、『網走番外地』っちゅう映画は!? 『昭和残きょう伝 唐獅子牡丹』は!?」

学生「......」

緒方記者「寂しいのう...。そういう東映映画がまさに『義理と人情』の映画でした。曲がったことは許さない。曲がったことをやる悪い人たちを、クライマックスで高倉健さんが日本刀をもって乗り込んで成敗するっていうね。任きょう映画がはやった頃は、映画を見て『俺もあの世界に入りたい』っちゅうてヤクザに憧れる人も多かった。ところが今は、『義理と人情』でこの世界を生きることはできません」

学生「では、今は?」

緒方記者「彼らのすべての行動の基本になっているのは、金です。取り締まる側の警察の人は、そう言いますね。義理と人情は死語といっていい。もちろんまだ、義理と人情を重んじる人はいますが、そういう人が組織の中枢に居続けるのは難しい」

高学歴でソフトな見た目


学生「漫画や小説を読んでいると、『これからはヤクザも頭の時代じゃけぇ』とか言って、一流大学卒とか高学歴の人も暴力団に入っているようなことが書いてあったんですけど、本当なんですか?」

緒方記者「いますね。たとえばバブル景気の頃は、金融工学とかそっちの専門家がいると聞きました。賢い経済ヤクザと言われるような人は、株取引や金融の世界に精通した若い人たちを取り込んだり、そうした業界に表向き紳士的に接触したりしていました」

学生「へえ~」

緒方記者「最近のヤクザって、昔の任きょう映画の高倉健さんみたいに着流し姿だとか、スキンヘッドでエナメルの白い靴を履いてるとか、そういうヤツはいませんよ。私が取材で会うような人は、スーツもピシッと着ているし、一緒に歩いていると、むしろ私のほうがそっちの世界の人に見えちゃいます。そういうヤクザは、人当たりもすごくソフトです。十分気をつけてくださいね」

学生「暴力団の幹部ってどんな暮らしをしているんですか?」

緒方記者「国内最大勢力の指定暴力団といえば山口組ですが、神戸の本部をご覧になったことはありますか? あれ、すごい豪邸でしょ? とある組の幹部の家に行ったことがあるんですが、それはまあ、すごい家でしたね。あと、九州の指定暴力団の取材をしたこともありますが、彼らが乗ってる車は全部がベンツでした」

幹部はつらいよ


学生「上納金って、いくらぐらいなんですか?」

緒方記者「組織や幹部のクラスによりますけど、ある組だと毎月30万円、別の組だと月80万とか。今はあまりないけど、上納金を怠ると、かなりきつい制裁を受けると聞きます。かつては、指の一部を落としてケジメをつけたという人もいました」

学生「幹部って、大変そうですね」

緒方記者「幹部って言っても、ピラミッドの真ん中あたりの人は、厳しい立場なんですよ。トップに対して上納金納めるノルマを負っているけれど、『最近の若いやつらは、せっかく組に入れてやっても、きついんで辞めますってすぐ言う』と言ってました。配下の組員が稼がないとノルマが達成できない。出費も多いですしね。例えば自分の配下の組員が逮捕されて刑務所に入ったら、その組員の家族の生活費を出す組織もあります。前に聞いた時は、『月500万は収入がないと、もろもろの差配ができない』って言ってましたね」

学生「500万円......!」

緒方記者「ああ、そういえば。山口組が分裂した理由はいろいろ言われていますが、ひとつは上納金とかお金の締め付けが厳しくて耐えられなかったこと、と言われています」

コンクリートをこねこね


学生「緒方さんは、ヤクザの取材をしていて危ない目にあいましたか?」

緒方記者「何度かありますね。ひとつは覚醒剤の取材でしたね。ある日、私の携帯電話に知らない番号から電話がかかってきたんです。で、ある港に来いと。行ってみたら、4~5人いましたかね。カラのドラム缶が置いてあって、その横でコンクリートをこねこね練っている人がいるんですよね」

学生「ええええええ!!!!」

緒方記者「『ドラム缶にコンクリートってコテコテやな』と思いましたけど。上の方の幹部らしき男が、『おまえが緒方か。うちの若いもんを触ってくれとるようで』と。『なんのことかわかりません』って言うと、『いや、○○ってヤツに○月○日に会ったろう』と。で、その隣では黙々とコンクリをこねてるし」

学生「うわあ......」

緒方記者「でも彼らは賢い。『これ以上しつこく取材すると、ドラム缶にコンクリ詰めにして海に沈めるぞ』という言葉を発したら、明らかに脅迫罪ですから、事件になることはわかっている。だから、黙々とコンクリをこねている。具体的な要求は一切しない。まあ、本当に作業をしている場に呼び出されただけなのかもしれませんしね(笑)。あれはちょっと怖かったですね。初めてだったので。よくドラマのたぐいでドラム缶にコンクリ詰めにして、とか見たことあると思いますが、まさか本当にね(笑)」

次々と明らかになる衝撃の事実。学生たちにとっては、刺激的な社会勉強になったようです......。

【関連記事】