boryokudan

逮捕された男は「事実は全然違う」と容疑を否認しているといいます。
吉本興業は、2008年にコンプライアンス推進委員会を設置、内部通報制度などを作った。一方でこの頃、役員人事をめぐって反社会勢力から脅迫を受け、警察に相談する事件が起きるなどし、週刊誌を賑わせていた。
売春強要など人身取引の被害にあった日本人が過去最多となりました。