佐野研二郎氏、監修した多摩美術大学の広告でも無断使用か ネット上で指摘

投稿日: 更新:
印刷

2020年東京オリンピックの公式エンブレムをデザインした佐野研二郎氏について、デザインを監修した多摩美術大学の広告にも、インターネット上の別の画像を無断使用したとの指摘が出ている。

tamabi

指摘されているのは、多摩美術大学の「MADE BY HANDS.」というシリーズの一部。佐野氏のデザイン事務所のデザイナーが実際のデザインを手がけた。

佐野氏は1996年に同大学のデザイン科グラフィックデザイン専攻を卒業している。作品を紹介するホームページによると、このシリーズはニューヨークADC賞の金賞など、各種の賞を受賞したという。

glafas

この1枚に対し、メガネ情報サイトの「GLAFAS」は8月31日、自サイトに掲載された写真が使用された可能性を指摘した。写真はサイトの運営者が私物を撮影して掲載したといい、「現在までに多摩美術大学および佐野研二郎氏、デザイナー香取有美氏からの連絡は来ておりません」と述べている

多摩美術大学総務課の担当者は9月1日、ハフポスト日本版の問い合わせに「担当者が不在でお答えできません」と回答した。

【関連記事】
Close
2015年 話題の面々
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

佐野研二郎氏に新たな「無断使用」指摘 多摩美術大学の広告で - ねとらぼ

博報堂→独立 佐野研二郎「俺は普通のデザイナーとは違う」と慢心か

しくじり佐野研二郎氏に足りない「リスペクト」と「許される力」