NEWS
2015年09月02日 01時24分 JST

佐野研二郎氏のエンブレム原案、「ヤン・チヒョルト展」ポスターとも類似

2020年東京オリンピックの公式エンブレムについて、佐野研二郎氏がコンペに応募した時の「原案」も、別の展覧会のポスターに似ているとの指摘が出ている。

photo

photo

展覧会は東京・銀座で2013年11月に開かれた「ヤン・チヒョルト展」。朝日新聞デジタルによると、ポスターをデザインしたグラフィックデザイナーの白井敬尚氏は、以下のように述べたという。

白井氏は「ポスターなどは、チヒョルトが31年に制作した書体をもとにデジタル化し、さらにグラフィックの要素として手直しして用いたもの。佐野さんの原案については、いまの段階で申し上げることはない」と話した。

佐野氏原案、展覧会のポスターとも類似 ネット上で指摘:朝日新聞デジタルより 2015/09/01 05:00)

組織委員会は8月28日の記者会見で、商標登録されているデザインの中に、原案と似ているものが見つかったため、佐野氏に修正を依頼したと説明していた。しかし、展覧会に関するものは商標登録されておらず、調査対象外だったという

Photo gallery五輪エンブレム See Gallery

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています