NEWS

強気の料金設定が裏目に。「五輪不人気」で焦る韓国のホテル

予約は客室数の3割にも満たず、値下げに踏み切る

2017年12月11日 11時59分 JST | 更新 2017年12月11日 11時59分 JST

朝日新聞社
11月30日に江陵市庁で記者会見して宿泊を呼びかける大韓宿泊業中央会江陵市支部の関係者ら(江陵市提供)
​​​​​​​

強気の料金一転...「五輪不人気」で焦る韓国のホテル業界

 国内外の関心がいま一つとされる平昌冬季五輪。観光客を当て込み、高額な料金を設定してきた宿泊業者が悲鳴を上げ始めた。2月9日の開幕まで2カ月を切っても、予約客が客室数の3割にも満たない。業者らは値下げを宣言し、行政もぼったくり業者の取り締まりに乗り出した。

 大会組織委員会によると、入場券販売は5日現在で54・1%にとどまる。不人気の直撃を受けたのが地元宿泊業者。江原道(カンウォンド)によれば、客室の予約率は1日現在、スケート競技が行われる江陵(カンヌン)市で26%、スキー競技の平昌(ピョンチャン)郡で23%。江原道全体では14%にとどまっている。

 宿泊業者は一様に五輪景気に期待し、強気の値段設定で対応してきた。江原道によれば、平昌郡では閑散期で1泊5万ウォン(約5千円)、繁忙期でも同10万ウォン(約1万円)のホテルが、五輪期間中の価格を24万ウォン(約2万4千円)に設定したケースもあった。

(朝日新聞デジタル 2017年12月11日 06時30分)
関連ニュース

(朝日新聞社提供)