3Dプリント

 

3Dプリンタで自分の家の裏庭にお城を築いた。しかもすばらしい出来栄え

誕生日にほしいものが、決まった。独自に工夫した3Dプリント技術により、Andrey Rudenko は自分の家の裏庭にお城をプリントした。構想から完成まで、2年を要した。そして、その結果がすばらしい:画像よりおもしろいのは、彼のWebサイトにあるビデオクリップだ。それは、‘建設’の過程を見せてくれる: