インド

上空1万メートル飛行機内で赤ちゃん生まれる⇒航空会社「フライト一生無料でいいよ」

Huffpost Japan | 濵田理央(Rio Hamada) | 投稿日 2017年06月20日

上空1万メートルを飛行中の機内で生まれた赤ちゃんに、航空会社が一生無料となるチケットを贈ると発表したとCNNなどが報じた。

レイプされそうになった女性、容疑者の男性器を90%切断 「勇敢な行為」とインド・ケララ州知事は称える

HuffPost Japan | ハフポスト日本版 | 投稿日 2017年05月21日

病院の声明によると、男性器は90%以上が切断されて不安定にぶら下がった状態だった。

児童へのレイプが頻発するインド 10歳少女が妊娠、生後21カ月の赤ちゃんも犠牲に

HuffPost India | Rituparna Chatterjee | 投稿日 2017年05月20日

10歳の少女が義父に繰り返しレイプされ妊娠した。

インドの集団レイプ事件、4人の死刑確定 判決文で明らかになった凄惨な犯行

HuffPost India | ハフポスト・インド版編集部 | 投稿日 2017年05月06日

「悪魔のように、人間の欲望をむき出しにした」

インド在住6ヶ月で感じる、日本の若者が海外で働いて得る価値とは

週刊ABROADERS | 投稿日 2017年05月02日
週刊ABROADERS

今の自分だからこそ「若い人が海外で働く本当の価値」について、お伝えできることがあると思います。

101歳の女性が100メートル走で最高齢記録 74秒で走りきる

HuffPost Japan | Steven Hoffer | 投稿日 2017年04月27日

カウアーさんは控えめに躍って勝利を祝ったという。

2025年、地雷のない世界を目指して

AAR Japan | 投稿日 2017年04月05日
AAR Japan

世界の8割の国と地域が対人地雷禁止条約に参加していますが、アメリカやロシア、中国、インドといった大国がいまだに参加していません。

難病の子どもの父親「安楽死を」⇒インドの医療機関「タダで治療します」

The Huffington Post | 濵田理央(Rio Hamada) | 投稿日 2017年04月05日

父親が安楽死を願い出た難病の子ども3人に対して、インドの医療機関が無料で治療しました。

「生理の出血があるか確認する」寄宿学校で学寮長が女子生徒70人を裸にする

Huffpost India | Rituparna Chatterjee | 投稿日 2017年04月04日

「みんなとても恥ずかしい思いをしました」

天才数学者ラマヌジャン-「奇蹟がくれた数式」を観て:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年04月02日
ニッセイ基礎研究所

数学者が大成するためには、これまでに誰も考えたことのないような発想で困難な問題を解決していくことが求められる。

「恋かキャリアか」海外就職 悩める女性たちの選択

週刊ABROADERS | 投稿日 2017年03月21日
週刊ABROADERS

インドで活躍する魅力的な日本人女性たちの情報をお伝えしていきます。

「生理についてもっと話しましょう。女の子の可能性のために」女優メーガン・マークルが訴える

The Huffington Post | Jamie Feldman | 投稿日 2017年03月15日

「恥ずかしがって話さないことで、世界中の若い女性たちの可能性が無駄になっているんです」

「東芝・WH問題」が蒸し返すインド「原子力発電」の問題点--緒方麻也

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年03月14日
新潮社フォーサイト

東芝―WH問題は、インド国家百年の大計ともいえる原発開発計画にも少なからぬ影響を与えつつある。

アメリカではミドルクラスの地盤低下が問題となっているが世界ではミドルクラスは増えている

広瀬隆雄 | 投稿日 2017年03月12日
広瀬隆雄

アメリカではミドルクラス(中流)の地盤低下が問題となっていますが、世界全体でみるとミドルクラスは増えています。

インド・カシミール 25年ぶりの大雪がもたらした神秘的な光景(画像集)

Huffpost India | Indrani Basu | 投稿日 2017年02月23日

1カ月続いた大雪によって、幻想的な冬の景色に変わった。

「キャッシュレス社会」実現へ突き進む「インド・モディ政権」の超本気度--田中直毅

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年02月17日
新潮社フォーサイト

インド社会が一挙にキャッシュレスの透明性の高い社会に変貌する可能性はもう無視できない。

インドの大気汚染はコントロール不能になっている 年間の死者110万人

The Huffington Post | Hayley Miller , Lydia O’Connor | 投稿日 2017年02月16日

この四半世紀で、インドの大気汚染は急速に悪化しているという。

今度はガンジーを足で踏め?Amazonが販売したビーチサンダルに非難殺到

The Huffington Post | 生田綾 | 投稿日 2017年01月17日

つい先日には、インド国旗の玄関マットに猛バッシングが殺到し、Amazonが商品を削除している。

国旗の玄関マット騒動、インド人の怒り収まらず Amazonアプリのアンインストール相次ぐ

Huffpost India | Ivan Mehta | 投稿日 2017年01月13日

「私たちの国を侮辱するなんて一体何様のつもりだ」

インド国旗を足で踏め? カナダのAmazonが玄関マット発売 外相激怒で謝罪

The Huffington Post Canada | Daniel Tencer | 投稿日 2017年01月13日

「Amazonは無条件で謝罪しなければならない」

「キャッシュレス経済」を推進せよ:インド「高額紙幣廃止」の遠大な狙い--緒方麻也

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年01月10日
新潮社フォーサイト

インドの高額紙幣廃止措置には、不透明かつ非効率で脱税や不正蓄財を生みやすい「現金依存経済」を、デジタル経済、キャッシュレス経済へと移行させる狙いが見えてきた。

インド、200人の子どもをレンガ窯から救出-現場で感じた児童労働問題の難しさ

原貫太 | 投稿日 2017年01月08日
原貫太

レンガ工場では、7歳や8歳の女の子までもがレンガを手で運んでいたことが指摘されており、中には4歳の子どもまでもが含まれていたとも報じられている。

インド・ベンガルールで大晦日、女性たちに集団暴行 治安の良いIT都市が恐怖に包まれる

Huffpost India | HuffPost India Staff | 投稿日 2017年01月05日

女性にとっては、終わりのない恐怖の夜となった。

【インド】紙幣刷新で景気下振れも、政治的には成功か:基礎研レター

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年01月05日
ニッセイ基礎研究所

何の前触れもなく実施したため、新紙幣の流通が遅れて国中が大混乱に陥った。

アメリカとインドの向こう-TechNW2016キックオフセッション(7)

上瀧和子 | 投稿日 2016年12月09日
上瀧和子

トランプ次期大統領になると、大量に優秀なエンジニアを受け入れてきた米国のIT産業が打撃をうける可能性があると波紋が広がっています。