衣料

「救急ヘリを呼べ」観光客のモラルに、沖縄・竹富島の医師が「疲弊」訴え

HuffPost Japan | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年07月26日

「内地の病院の様に、全てが揃っている訳ではありません」「観光客の皆さんは、各離島の状況をよく知った上で、宿泊してもらいたい」

米国:インターセックスの子どもに対する有害な外科手術

ヒューマン・ライツ・ウォッチ | 投稿日 2017年07月26日
ヒューマン・ライツ・ウォッチ

米国の医師は、インターセックスの子どもに永続的な害を及ぼしかねない医学上不要な外科手術を続けている、とヒューマン・ライツ・ウォッチが述べた。

"学ぶ者"がすべきこと "教える者"がすべきこと

吉岡秀人 | 投稿日 2017年07月25日
吉岡秀人

日本の指導者で、学び続け、悩み続けて、考え続けている人は何パーセントくらいいるのだろう?

元・厚労省官僚が推し進める、現場からの医療イノベーション

coFFeedoctors | 投稿日 2017年07月20日
coFFeedoctors

「5年間の官僚時代に日本の医療が危機的状態であると思い知らされた」(宮田俊男)

福島で気づいたグローバルな課題

森田知宏 | 投稿日 2017年07月20日
森田知宏

日本の介護は充実しているが...

両手を移植された男の子が驚異的な回復 文字を書いたりバットを振ったりできるよ【動画あり】

HuffPost Japan | Chitose Wada | 投稿日 2017年07月19日

8歳のときに両手の移植手術を受けた男の子が、驚異的な回復を見せている。

"緩和ケア"は生きる知恵だった。がん治療中の私が、QOLを保つためにしている4つのこと

広林依子 | 投稿日 2017年07月18日
広林依子

がん治療で一番大切なことは、何より身体のQOLを保つことだと思います。その上で、強い味方になったのが、緩和ケアでした。

ニュージーランド人男性の死 病院における身体拘束を考える

高山義浩 | 投稿日 2017年07月17日
高山義浩

残念ながら、日本の病院では精神病棟に限らず身体拘束が横行しています。

人獣共通感染症ウイルスの分布パターン

ネイチャー・ジャパン | 投稿日 2017年07月13日
ネイチャー・ジャパン

人獣共通感染症のウイルスは、多くが野生の哺乳類を起源とし、世界の公衆衛生における深刻な脅威となっている。

都会で暮らし、遠方の親を看取るということ。母の病気の発覚と、家族の戦い。

山本裕介 | 投稿日 2017年07月11日
山本裕介

父が入院することになった2009年11月からちょうど4年後の2013年11月、今度は母に大腸ガンが見つかりました。

「若き勤務医」が取り組む日中「貧血対策」の民間研究--上昌広

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年07月04日
新潮社フォーサイト

女性が高学歴化し、社会進出が進む先進国で、貧血は古くて新しいテーマだ。

日本の医療の「質」は世界最高レベル?最新の国際調査で発表

市川衛 | 投稿日 2017年06月29日
市川衛

これから2025年にかけて、日本は「団塊の世代」の超高齢化に伴う医療システムの変革期を迎えます。

酒酔いの医師が、手術室に入ってきたらどう思う?医師の働き方問題は、私たちの安全問題でもある

市川衛 | 投稿日 2017年06月26日
市川衛

研究者たちは、この「激務」によってパフォーマンスがどのくらい落ちるか、ということをユニークな方法で調べようとしました。

増える6月病!?

中村洸太 | 投稿日 2017年06月26日
中村洸太

くさタイプのポケモンが、瀕死の状態で回復薬も使わずに、ほのおタイプのポケモンに戦いを挑むような生活はハードです。

白川村の医療を一人で10年支えた医師から見た県北西部地域医療センター

coFFeedoctors | 投稿日 2017年06月22日
coFFeedoctors

県による人事異動によって体制が大きく左右されることもありますが、チームで診療所を守っていたほうが、地域に根差した医療の提供を可能にすると思います。

世界へ駆け出す必要性〜中国、大連市中心病院を訪れて〜

齋藤宏章 | 投稿日 2017年06月16日
齋藤宏章

院内で自身の技術を研鑽すると同時に、私は若いうちから海外へ飛び出して行く姿勢が大事だと考えている。

東京生まれ東京育ちの医師が決断した地方での新たなキャリア

coFFeedoctors | 投稿日 2017年06月15日
coFFeedoctors

地方の面白さを知らないだけで、都市部で力をもてあましている若手―中堅医師は大勢いるのではないかと思います。

バングラデシュでのICTを用いた医療の可能性

森田知宏 | 投稿日 2017年06月15日
森田知宏

バングラデシュでの我々の挑戦はまだ始まったばかりだ。

途上国の残された40億人にAI技術で医療を届ける

酒匂真理 | 投稿日 2017年06月13日
酒匂真理

人生で一度も医者にかかった事がないまま一生を終えることを想像できますか?

がんプログレッションにおける代謝変化の役割

ネイチャー・ジャパン | 投稿日 2017年06月08日
ネイチャー・ジャパン

細胞の代謝の変化は、さまざまながんでよく見られる。こうした代謝の変化ががんの発生に直接影響を及ぼす仕組みは、研究がなされているところである。

薬を残していませんか

河野太郎 | 投稿日 2017年06月03日
河野太郎

薬が残るというのは、処方された薬をきちんと飲み終わらずに余らせてしまうことだと思っていませんか。実は薬は患者サイドだけでなく、病院でも残るのです。

国際医療に興味ある人必見! 北海道・余市病院の研修プラグラムとは?

coFFeedoctors | 投稿日 2017年06月01日
coFFeedoctors

国際医療や国際保健に従事するため途上国に赴く際、資金繰りやキャリアアップの方法など多くの壁を感じる方が多いのではないでしょうか。

「グラドネ」とは 難病の子を支援、卒業後に制服や参考書を寄付

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年05月28日

国立成育医療研究センターはこの春、卒業寄付「グラデュエーション×ドネーション(グラドネ)」を始めた。

新専門医制度は若手医師の柔軟なキャリア形成を阻害する

安藤哲朗 | 投稿日 2017年05月26日
安藤哲朗

もし新制度が現在計画されているままで始まると、日本の医療の進歩が阻害されてしまう可能性がある。

内科から産科まで。働きながら離島・へき地で必要な技術を学ぶプログラム

coFFeedoctors | 投稿日 2017年05月25日
coFFeedoctors

2017年4月、日本の離島の病院に勤務しながら、内科、外科、救急科、麻酔科、小児科、産科の6科を同時に研修できる教育プログラムが始動しました。