衣料

「グラドネ」とは 難病の子を支援、卒業後に制服や参考書を寄付

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年05月28日

国立成育医療研究センターはこの春、卒業寄付「グラデュエーション×ドネーション(グラドネ)」を始めた。

新専門医制度は若手医師の柔軟なキャリア形成を阻害する

安藤哲朗 | 投稿日 2017年05月26日
安藤哲朗

もし新制度が現在計画されているままで始まると、日本の医療の進歩が阻害されてしまう可能性がある。

内科から産科まで。働きながら離島・へき地で必要な技術を学ぶプログラム

coFFeedoctors | 投稿日 2017年05月25日
coFFeedoctors

2017年4月、日本の離島の病院に勤務しながら、内科、外科、救急科、麻酔科、小児科、産科の6科を同時に研修できる教育プログラムが始動しました。

看病しているあなたを支えたい 父を亡くした女性から「がん家族」へのメッセージ

A-port | 投稿日 2017年05月23日
A-port

治療を続ける患者を支えようという思いから、自分のつらさを言い出すことができず、心や体のバランスを崩してしまう家族も少なくない。

がんの術前不安軽減にも効果が? 注目される"音楽療法"とサウンドヒーリングの違い

佐藤由美子 | 投稿日 2017年05月22日
佐藤由美子

音楽療法にはさまざまな利用法があり、その効果が期待されています。正しい知識が広まることで多くの人が音楽療法を受けられるようになることを願っています。

「国立大学医学部長会議」はなぜ「全国市長会」への反論をしたのか?

遠藤希之 | 投稿日 2017年05月20日
遠藤希之

この疑問を解くには日本専門医機構の内情からみていくと判りやすいだろう。

「リハビリ難民」の救世主となるか 自費リハビリの可能性

上昌広 | 投稿日 2017年05月18日
上昌広

多くの国民が怪我をしたり、脳卒中になっても十分なリハビリを受けることが出来ない。現在、この問題を解決すべく、現場では試行錯誤が続いている。

二次医療圏を越えている、岐阜県北西部地域の地域医療センターとは?

coFFeedoctors | 投稿日 2017年05月18日
coFFeedoctors

自治体の枠を越え、複数の医師でへき地診療所を巡回できるネットワーク「県北西部地域医療センター」を立ち上げた後藤忠雄先生。どんな思いで立ち上げたのでしょうか。

薬剤耐性菌を減らす取り組み 信頼関係を大切に

高山義浩 | 投稿日 2017年05月17日
高山義浩

たしかに、抗菌薬の「使いすぎ」や「不適切な使用」によって、これら薬剤に対する「耐性」を獲得した細菌が世界的に増えています。

新専門医制度は地域医療の要の地方の公立病院にもダメージを与える -脳神経外科

嶋田裕記 | 投稿日 2017年05月12日
嶋田裕記

新専門医制度が物議を醸し出している。この制度が施行されれば、多くの学会が、研修期間中に基幹施設に在籍することを義務づけることになる。

新専門医制度への危惧 ―日米両方の専門医教育を経験した立場から―

原田陽平 | 投稿日 2017年05月11日
原田陽平

現在まさに米国にて専門医教育を受けている立場として、昨今話題となっている新専門医制度について危惧する点があり、ここに投稿させていただきます。

犬や猫にも最高の医療を!人気が高まる「ペット保険」ってどんな仕組み?

スマート業界地図 | 投稿日 2017年05月10日
スマート業界地図

調査会社の富士経済によると、2015年のペット保険加入者は106.5万件となり、毎年二桁成長を続けています。

遺伝子編集で生きたマウスからHIVのDNA除去に成功 他の病気にも有効?

Engadget 日本版 | 投稿日 2017年05月09日
Engadget 日本版

CRISPR-Cas9技術を使った遺伝子編集によって、生きたマウスからHIVのDNAを除去することに成功した

話題の「オバマケア」何が問題なのか?

市川衛 | 投稿日 2017年05月07日
市川衛

話題になっている「オバマケア」ですが、なんとなく名前は知っていても、どんなものなのか?なんで見直しが必要とされているのか?よくわかりませんよね。

スロバキアの原子力発電所を見学して

妹尾優希 | 投稿日 2017年05月04日
妹尾優希

福島第一原発の事故はスロバキアにも大きな影響を与えました。

福島県立医大の変化としなやかさ

小松秀樹 | 投稿日 2017年05月04日
小松秀樹

これまで福島県立医大を覆ってきた思想は、あまりに古めかしい。若い世代の医師に受け入れられていない。

能力という弱点

吉岡秀人 | 投稿日 2017年05月01日
吉岡秀人

私は医者が得意だ。手術も得意だ。しかしそれこそが私の最大の弱点だったのだ。

アメリカの医師ら、未熟児の出産を改善するための「人工子宮」を開発 仔羊で最長4週間の成長⇒出産に成功

Engadget 日本版 | 投稿日 2017年04月27日
Engadget 日本版

胎児をプラスチックに入れておく様子があまり見た目によくないため、両親の心情を考慮した外観に再設計することになるだろうとしています。

ステージ4のがん患者だからこそ持ちたい、大切な2つの視点

広林依子 | 投稿日 2017年04月25日
広林依子

このブログでは、デザイナーの私が考えた、【ステージ4のがん患者のライフデザイン】の1例を紹介していきます。

「こども保険」に期待すること-社会全体で子どもを支える:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年04月25日
ニッセイ基礎研究所

「こども保険」構想が、持続可能社会をつくるために子どもを社会共通財産とし、子どもの有無に関わらず社会全体で子どもを支える契機になることを期待したい。

「チーム医療」があるなら、がん患者は「チーム患者」を作ろう

広林依子 | 投稿日 2017年04月20日
広林依子

病院によっては「チーム医療」を結成し、患者さんをどう治療するか戦略を練っていくところもあります。しかし、患者は一人です。

育児の不安を医療の力で解消したい。医師が目指す、新たな社会支援のカタチ

ヘルシーソサエティ賞 | 投稿日 2017年04月19日
ヘルシーソサエティ賞

深刻な小児科と小児科医不足は、どうすれば解決できるのか?医師が出した一つの答え。

患者とも、スタッフともフラットな関係を保つ医師の信念

coFFeedoctors | 投稿日 2017年04月19日
coFFeedoctors

何でもフラットに発言できる関係性ができていることが、さまざまなプロジェクトが立ち上がるポイントだと思っています。

既往症や服薬歴の一元管理と利活用

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年04月18日
ニッセイ基礎研究所

国の成長戦略では、医療・介護分野でのICT化が進められている。

中国における老人性認知症の疫学及び介入のための施策

劉寒 | 投稿日 2017年04月17日
劉寒

多くの国が人口高齢化の課題に直面しているが、中国にとって最大の違いは、「先進国になる前に高齢化社会に入ってしまう」ことである。