衣料

大手メディアは「権力」であることを自覚してください

高橋秀和 | 投稿日 2017年02月21日
高橋秀和

「薬剤師・薬局制度が軽視され続けた日本では、これほど薬剤師のプライド・主体性は失われてしまったのか」

避難後の放射能いじめ 地道な教育が欠かせない

澤野豊明 | 投稿日 2017年02月14日
澤野豊明

差別をなくすためには必要なのは、十分な教育体制だ。放射線教育なくして、福島の復興はない。

ビッグデータが医療にもたらす革命 病気を発症させない未来を目指して

The Huffington Post | 古家郷 | 投稿日 2017年02月09日

ビッグデータは医療を大きく変化させる可能性を持っています。

【マレーシア】海外でも健康診断!気になる手順や内容、費用は...?

週刊ABROADERS | 投稿日 2017年02月08日
週刊ABROADERS

先日、マレーシアで日本と同基準の健康診断が受けられる病院に行って、健康診断と乳がん検診を受けて来たので、予約手順や費用についてお伝えします。

「東北の湘南」でわたしは高野病院の院長になった

中山祐次郎 | 投稿日 2017年02月10日
中山祐次郎

2017年2月1日から、福島県の福島第一原発から22kmに位置する高野病院の院長として働き始めた。

医療従事者にも意外と多い貧血の話

山本佳奈 | 投稿日 2017年02月07日
山本佳奈

自身の勤務先の病院の女性看護師の貧血の割合を調査した。なんと、18.1%の看護師が貧血だと分かった。

ぴんぴんコロリで死ぬと警察に通報?  ~不思議の国 日本の現実~

坂根みち子 | 投稿日 2017年02月07日
坂根みち子

診療関連死や自然死については、医療者がしっかり受け止めて警察の介入を防ぎ、「死」を日常生活の延長線上に取り戻す必要があるのです。

原体験から将来を考える

坂本諒 | 投稿日 2017年02月06日
坂本諒

現状は、全て自分自身の思考と選択の結果です。自分の人生に責任を持ち、自分の幸せに責任を持ち、人間力を高めていきたいと思います。

長谷川豊氏、衆院選出馬を表明 「殺せ」撤回も「『自業自得』の線引きをするのが政治だ」

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年02月07日

「立候補までは、ある程度の自由裁量はある」とも。

カンボジア人の英語力は想像を超えていた Sunrise Japan Hospital Phnom Penhからの報告③

坪井瑠美子 | 投稿日 2017年02月06日
坪井瑠美子

カンボジアは未開の地ではありません。日本人も既に2000人以上住んでいます。

介護福祉士の希望者激減で人材不足がより深刻に、受験資格に450時間の研修追加で

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年02月03日

1月にあった介護福祉士の国家試験への受験申込者数は前年度から半数に激減した。新たな受験資格に450時間の実務者研修が加わったことが主因とみられる。

カンボジア人が医師、専門医になる大変さ Sunrise Japan Hospital Phnom Penhからの報告②

坪井瑠美子 | 投稿日 2017年02月03日
坪井瑠美子

カンボジアの医学部は6年制で、2年間は夜間当直を含めた臨床実習があり、翌日も眠いまま授業や実習、試験を受けるそうです。

東金市「東千葉メディカルセンターを心配する会」主催講演会:市民は市の財政破たん

吉田実貴人 | 投稿日 2017年02月03日
吉田実貴人

開院以来、医業損益(医業収益-医業費用)の巨額赤字の病院経営が続いている。

カンボジアで始まった日本式医療の現場より Sunrise Japan Hospital Phnom Penhからの報告①

坪井瑠美子 | 投稿日 2017年02月03日
坪井瑠美子

私は現在カンボジアの首都、プノンペンに開院したSunrise Japan Hospital Phnom Penhで内科医として仕事をしています。

東金市「東千葉メディカルセンターを心配する会」主催講演会:市民は市の財政破たん

小松秀樹 | 投稿日 2017年02月01日
小松秀樹

2017年1月15日東金市民会館において、「東千葉メディカルセンターを心配する会」主催の講演会が開かれた。

存続の危機に立つ福島県・高野病院と、問われるメディアの報道姿勢

上昌広 | 投稿日 2017年01月31日
上昌広

高齢化・人口減少が進む我が国は、急速に貧しくなりつつある。政治の役割は「負の再分配」だ。経済成長を謳歌した高度成長期や、新興国とは違う。

肝線維症を誘導する免疫細胞の種類

ネイチャー・ジャパン | 投稿日 2017年01月28日
ネイチャー・ジャパン

新たな種類の細胞が、マウスのブレオマイシン誘発性肺線維症(最も一般的に用いられるヒトの肺繊維症の実験的研究モデル)の発症に重要であることを突き止めた。

インフルエンザ猛威、3千施設で学級閉鎖 東京都は流行警報

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年01月27日

前週の約99万人から急増した。

急性期からお看取りまで。市民をも巻き込み町の医療を支える医師

coFFeedoctors | 投稿日 2017年01月26日
coFFeedoctors

東京都出身で社会人経験を経た後に医師となり、現在は秋田県由利本荘市で糖尿病代謝内科医として勤務している谷合久憲先生に話を聞きました。

量子画像化技術でうつ病診断・治療を目指す

ネイチャー・ジャパン | 投稿日 2017年01月21日
ネイチャー・ジャパン

患者が的確な診断を得られるようになれば、回復を支援する仕組みにつながる率は高まることだろう。この研究に引き続き注目していきたい。

院長がご逝去された後の高野病院の窮状とこれまでの福島県の対応

尾崎章彦 | 投稿日 2017年01月19日
尾崎章彦

4月以降の診療体制は全くの未定です。

多数のプロジェクトを同時に進め、日本の医療を世界に発信する

coFFeedoctors | 投稿日 2017年01月18日
coFFeedoctors

一見するとバラバラでどれもつながりがないと思われますが、全ての根底にあるのは「日本の医療レベルをさらに高め、世界にもっとアピールしたい」という思いです。

新専門医制度の新しい展開

森田麻里子 | 投稿日 2017年01月18日
森田麻里子

1年間の開始延期が決まった専門医制度だが、ここにきてようやく進展が見られた。

若手医師が注意すべき、新専門医制度との付き合い方

上昌広 | 投稿日 2017年01月17日
上昌広

若手医師が進路を考える上で注意すべきは、我が国の医療が都市部から崩壊していることだ。

新たな経験の現れ

Arinobu Hori | 投稿日 2017年01月15日
Arinobu Hori

人が構造的暴力に巻き込まれている時に、そこから離脱することは容易ではない。