衣料

量子画像化技術でうつ病診断・治療を目指す

ネイチャー・ジャパン | 投稿日 2017年01月21日
ネイチャー・ジャパン

患者が的確な診断を得られるようになれば、回復を支援する仕組みにつながる率は高まることだろう。この研究に引き続き注目していきたい。

院長がご逝去された後の高野病院の窮状とこれまでの福島県の対応

尾崎章彦 | 投稿日 2017年01月19日
尾崎章彦

4月以降の診療体制は全くの未定です。

多数のプロジェクトを同時に進め、日本の医療を世界に発信する

coFFeedoctors | 投稿日 2017年01月18日
coFFeedoctors

一見するとバラバラでどれもつながりがないと思われますが、全ての根底にあるのは「日本の医療レベルをさらに高め、世界にもっとアピールしたい」という思いです。

新専門医制度の新しい展開

森田麻里子 | 投稿日 2017年01月18日
森田麻里子

1年間の開始延期が決まった専門医制度だが、ここにきてようやく進展が見られた。

若手医師が注意すべき、新専門医制度との付き合い方

上昌広 | 投稿日 2017年01月17日
上昌広

若手医師が進路を考える上で注意すべきは、我が国の医療が都市部から崩壊していることだ。

新たな経験の現れ

Arinobu Hori | 投稿日 2017年01月15日
Arinobu Hori

人が構造的暴力に巻き込まれている時に、そこから離脱することは容易ではない。

「震災後、何かしたい気持ちずっと...」院長死亡で常勤医ゼロの福島・高野病院、2カ月限定の医師赴任へ

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年01月11日

一方で、4月以降は引き続き常勤医は不在。

「地域医療×国際保健」気軽に海外へ"出張"できる地域の診療所を目指す

coFFeedoctors | 投稿日 2017年01月11日
coFFeedoctors

NPO法人「TICO」の代表である吉田修先生は、診療所の運営と、NPOでの活動をうまく融合させて、地域医療と国際保健の双方が抱える課題を解消しようとしています。

「福島の医療崩壊は、どこでも起こりうる」原発22キロ、常勤医ゼロの高野病院の危機を救え

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年01月09日

「常勤医が見つかりました、じゃ、後はがんばって」でいいのでしょうか?(尾崎章彦医師)

私が高野病院を応援する理由

Arinobu Hori | 投稿日 2017年01月08日
Arinobu Hori

何としても、院長職をこなせる常勤医を確保することが必要ですが、その点については先行きが不透明なままです。

絶望の専門医制度

坂根みち子 | 投稿日 2017年01月05日
坂根みち子

2016年12月16日に、日本専門医機構から専門医制度新整備指針が発表された。ざっと目を通してみて驚いた。とてつもない管理体制が始まろうとしている。

PHR(パーソナルヘルスレコード、生涯型電子カルテ)の普及について

明恵 | 投稿日 2017年01月05日
明恵

私たちは自分のことをよく知らない。自分が好きな食べ物を知っていても、食物アレルギーがあることを知らない人が多くいる。

苦労は買ってでもする?しない?

吉岡秀人 | 投稿日 2017年01月04日
吉岡秀人

50年のときを経て、祖父から受け取った大切な日本の知恵を若い世代に伝えておきたい。

ヒトパピローマウイルスワクチン接種後に起きた娘の体調悪化とその回復について

前澤圭(ペンネーム) | 投稿日 2016年12月28日
前澤圭(ペンネーム)

私達の娘は、ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種後数年経ってから様々な症状に悩まされ、医師に子宮頸がんワクチンの副反応であると診断されました。

急性期からお看取りまで。市民をも巻き込み町の医療を支える医師

coFFeedoctors | 投稿日 2016年12月28日
coFFeedoctors

在宅診療で緩和ケアに取り組んでいる小澤竹俊先生。医療従事者だけでなく、誰もが看取りに関わることができることを目指して、看取りに関わる人材育成に取り組んでいます。

障害児保育園ヘレン経堂、オープン記者会見しました!

駒崎弘樹 | 投稿日 2016年12月21日
駒崎弘樹

「世田谷区には日本一のこども病院もあって、医療的ケア児家庭がたくさん住んでいる。世田谷にもこういう施設が必要だ」

「がんになっても働きたいし、恋もするし、夢もある」16歳でがんを経験した医師が伝えたいこと

The Huffington Post | 投稿日 2016年12月26日

十代でがんを経験した医師が目指す、これからの社会。

ヒトパピローマウイルスワクチン接種後の症状から回復して

二宮ゆい(ペンネーム) | 投稿日 2016年12月21日
二宮ゆい(ペンネーム)

私の娘は、ヒトパピローマウイルスワクチン(HPVV)、いわゆる子宮頸がんワクチン接種を受けた後に、様々な症状を発症しました。

1人で100万人の患者を救うために

coFFeedoctors | 投稿日 2016年12月19日
coFFeedoctors

「3本の軸、「医療×IT」「医療×モノ作り」「医療×海外展開」で何ができるかということを考えて活動しています」(武藤国弘医師)

元バイトAKBが考えたAED×ミュージックビデオ

水野翔太 | 投稿日 2016年12月19日
水野翔太

元バイトAKBであった強みを活かし、多くの人へ届けられるよう「歌」と「ダンス」というエンタメの力を存分に発揮し、AEDの重要性や使い方を発信している。

DNAミスマッチの認識

ネイチャー・ジャパン | 投稿日 2016年12月19日
ネイチャー・ジャパン

これらのタンパク質をコードする遺伝子の異常は、大腸がんなどのヒト疾患の原因となっている。

なぜ病院に対する爆撃が伝えられないのか 国境なき医師団の現場から

A-port | 投稿日 2016年12月16日
A-port

日本では紛争地は自分とは遠い世界。だが...

社会的共通資本と医療 宇沢弘文の伝えたかったこと ~健康ゴールド免許に思うこと

占部まり | 投稿日 2016年12月15日
占部まり

何かの際に安心して医療を受けられるという安心感が、安定感を与えてくれることは間違いありません。その安定感がより、充実した活動に繋がっていきます。

スーパースターがいらない病院のブランド化

coFFeedoctors | 投稿日 2016年12月14日
coFFeedoctors

スーパースターを作るということは、確かに患者さんは来ますが、その先生がいなくなったときや、医療機器や技術が導入されて一般化されたとき、その病院の価値は下がります。

日本医師会と世界医師会

小松秀樹 | 投稿日 2016年12月14日
小松秀樹

世界医師会は、医師の独立性を確保して、崇高な倫理的基準に則った行動と医療を、いかなる場合にも実行できるようにするために創設された。