大塚愛さん、達筆すぎる書道に「素人レベルじゃない」と驚きの声。その"言葉"にも注目集まる

歌手の大塚愛さんが、掛け軸に書いた言葉は? あの懐かしい曲名が…
大塚愛さん
大塚愛さん
時事通信社

歌手の大塚愛さんが4月30日、自身のXで驚きの書道の腕前を披露し、話題を呼んでいます。

大塚さんは、「黒毛和牛上塩タン焼680円を書きました」というコメントとともに、自身の作品を公開。

掛け軸に達筆な字で「黒毛和牛上塩タン焼六八〇円」と書かれています。

これは2005年に発売された、大塚さんの7枚目のシングルのタイトル。

アニメ『ブラック・ジャック』の初代エンディングテーマにも使用され、大塚さんが作詞作曲を担当しました。

大塚さんは「この曲作ったのが17歳とかなので1999年あたりの値段です」と当時を振り返っています。

大塚さんは、2022年のOggiのインタビューで書道を始めたことを明かしています。

投稿に対し、「綺麗な字」「素人レベルの習字じゃない」など大塚さんの達筆すぎる字に感心するコメントや「今でも聞いてます」「この曲大好きです」など曲を懐かしむコメントが寄せられています。

注目記事