企業

「多様性」は厳しい:サイボウズ㈱大槻様の講義を聞いて

山口浩 | 投稿日 2017年06月15日
山口浩

多様性と自己決定に耐えられない人をどうするかは、依然として社会における大きな問題として残る。

「女性幹部が増えるとお喋り増える」 ウーバーのセクハラ企業文化、直っていなかった

HuffPost Japan | Ryan Takeshita | 投稿日 2017年06月13日

経済界の革命児の「ウーバー」。企業文化を批判されてきた。

「個」を大切に、日常を楽しく。2社を経営する代表取締役が全員在宅・月10万円の経費制度を作ったワケ

LAXIC | 投稿日 2017年06月07日
LAXIC

オフィスがないということはどこに行っても働ける環境があるということで、通勤時間やオフィスの賃料をみんなの給料に還元したいんですよ。

【LAXIC学生編集部発】人生100年時代 自分でキャリアを創り、イニシアチブを握る意識を!

LAXIC | 投稿日 2017年06月04日
LAXIC

まだまだ会社員として働くことが一般的なキャリアとして描かれますが...

社会起業家夫婦として、ミャンマーの発展のために

週刊ABROADERS | 投稿日 2017年05月22日
週刊ABROADERS

「ミャンマーの社会問題を解決したい。困っている人がいたら真っ先に手を差し伸べたい」

モーニングコールは石巻の漁師に任せなさい!夢のサービス、本当のねらいを聞いた。

HuffPost Japan | 南 麻理江 | 投稿日 2017年05月12日

漁師が電話で起こしてくれるモーニングコールサービスをはじめたフィッシャーマン・ジャパンの担当者に話を聞いた。

インド在住6ヶ月で感じる、日本の若者が海外で働いて得る価値とは

週刊ABROADERS | 投稿日 2017年05月02日
週刊ABROADERS

今の自分だからこそ「若い人が海外で働く本当の価値」について、お伝えできることがあると思います。

【後編】「Brighture」を通じて世界で活躍する人材を輩出したい〜Brighture Inc. 代表取締役 松井博氏〜

週刊ABROADERS | 投稿日 2017年04月10日
週刊ABROADERS

フィリピンで日本人向け英語学校Brightureを運営する、代表取締役の松井博氏にお話を伺いました。グローバルな舞台で働きたい方、必見です。

「恋チュン」動画が評判になった歯科医院

藤原邦康 | 投稿日 2017年04月03日
藤原邦康

総勢65名のダンス風景からは、和気あいあいとした楽しさが伝わってくる。

【前編】学生時代の野望を胸に、ミャンマーでマイクロファイナンス事業を立ち上げる〜Money Buffet Company Limited. COO 萩原豪介氏〜

週刊ABROADERS | 投稿日 2017年04月03日
週刊ABROADERS

もっと自分の付加価値を付けるためには、他の「武器」を付けようと、仕組みづくりで話題だったIT分野に飛び込むことにしたのです。

サイボウズ式:仕事の本質は「いかにラクをするか」

サイボウズ式 | 投稿日 2017年04月03日
サイボウズ式

先輩の教えに通底していたのは、「前向きな怠惰」が仕事のレベルを上げる、という考え方でした。

「迷ったときは、思いに立ち返る」 当時23歳の私が、日本初のクラウドファンディングサービス『Readyfor』を立ち上げた理由

米良はるか | 投稿日 2017年03月29日
米良はるか

これこそ、人のチャレンジを応援できる新しいお金の流れだと確信して、私は日本で初めてクラウドファンディングの会社Readyforの立ち上げを決めました。

自分に合った戦い方を見極めながら、自分なりの成功を掴み取る〜アップグレードミャンマー現地法人代表 富田博之さん

週刊ABROADERS | 投稿日 2017年03月27日
週刊ABROADERS

ミャンマーの最大の都市ヤンゴンで、2015年よりコンサルティング事業立ち上げ業務に参画されました。そんな富田さんに、ミャンマーでの起業について伺いました。

「超能力と魔法を実現する」破天荒キャリアの男がVRで起業するまで

CAREER HACK by enjapan | 投稿日 2017年03月27日
CAREER HACK by enjapan

会社理念は「超能力と魔法を使える社会を実現する」。VR×Fashionのスタートアップ『Psychic VR Lab』代表 山口征浩氏の異端なキャリアに迫る。

誰かのためになにかしたい。不登校から高校生社長へ。

小幡和輝 | 投稿日 2017年03月24日
小幡和輝

僕は15歳まで引きこもりでした。

カンボジア人と一緒に働くって? 異文化で働いて想う、細胞に刻まれた「記憶」の違い

週刊ABROADERS | 投稿日 2017年03月12日
週刊ABROADERS

異文化の中でその国の人々と仕事を共にするには、どうすればいいのか。

カーテン、パン店の経営経験いかし 化粧品を新開発

A-port | 投稿日 2017年03月09日
A-port

今回はしわを見えにくくするクリームの開発を手がけた。

2017のオウンドメディアは、SEOからエンゲージメント重視へシフト?

Six Apartブログ | 投稿日 2017年03月01日
Six Apartブログ

2017年のオウンドメディア運営の中で注目している領域や、挑戦したいことについて語ってもらいました。

「僕は笑顔を作る仕事がしたい」外資系金融企業を辞めた男性がビジネスでアフリカに貢献する理由

The Huffington Post | 投稿日 2017年02月28日

卒業旅行で訪れたスラム街に衝撃を受けた大学生は、「この人たちのために一生かけて何かをやっていこう」とその場で決意を固めた。

妻が妊娠して、家事を手伝えなかった夫は、家事代行サービスを起業した。

The Huffington Post | 吉野太一郎 | 投稿日 2017年02月23日

「自分が家事をやるよ」と張り切ったものの…

なぜ、投資は日経平均よりNYダウ平均に注目した方が良いのか

東猴史紘 | 投稿日 2017年02月19日
東猴史紘

NYダウはどうでしょうか?戦後からNYダウの推移は、30年間上がり続けているのです。

「卒東京」で人生が変わった。地方ベンチャーに学ぶ、地域でクリエイティブに働く方法

CAREER HACK by enjapan | 投稿日 2017年02月16日
CAREER HACK by enjapan

東京でも地方でも、自分の道を切り拓いていける。宮城県石巻市、気仙沼市、徳島県上勝町でクリエイティブに働く3名が集合し、それぞれの地域をテーマにした仕事論を語った。

サイボウズ式:副業禁止で「会社栄えて国滅びる」。歴史ある企業こそ、人材を社会に解放すべき──ロート製薬 山田邦雄×サイボウズ 青野慶久

サイボウズ式 | 投稿日 2017年02月02日
サイボウズ式

このままじゃ「会社栄えて国滅びる」ですよ。企業が社員の能力を囲い込むのではなく、副業禁止は禁止するとか、それくらいしないと。(ロート製薬 山田邦雄さん)

「組織変革って何ですか?」コンサルタントに聞いてみた。

組織活性化のヒント byソフィア | 投稿日 2017年01月21日
組織活性化のヒント byソフィア

どんな大きな成果も、それを作り出しているのは働いている一人ひとりの従業員です。

「同じ釜の飯」はマボロシ!?カンボジア人テーラーたちとの愛と哀しみの日々

週刊ABROADERS | 投稿日 2017年01月20日
週刊ABROADERS

習慣、文化が違う国々で生き残っていくために必要なこと。その国のありかたを知り、受け入れ、その国で仕事をさせてもらっている、という想いを忘れないことだと思います。