Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

すくすくパラダイスぷらす Headshot

ついつい気を遣ってしまう-『息子は自閉症。ママのイラスト日記』(24)

投稿日: 更新:
印刷

子どもたちが小学生になり、日中の時間を自由にもてるようになったことで、お母さん同士の交流というものも増えました。実は今まで、何でも話せる友人というのは、療育園で知り合ったお母さんたちしかいませんでした。

当時はどこへ行くにも、こもたろが一緒にいる生活。お母さん同士での交流も、子どもありきになってしまうので、同じ障害を抱えている親御さんで集合することばかりでした。

それが、こもたろの手が離れたことで交流の幅が広がりました。療育園以外でのお母さんの友人ができたのです。

2016-08-22-1471841097-4601455-moro241.jpg

その中で、何でも話せる友人が何人かいます。その友人は、我が家の事情を知っています。もちろん、自閉症児のこもたろのことも。

先日、友人と食事に行きました。話して、笑って、とても楽しい時間。子どもの話で盛り上がっている時に、友人が「今度ウチに遊びにおいでよ。こもたろくんも是非一緒に。」と言ってくれました。こもたろが自閉症児だとわかっていてのこの言葉。すごくすごく嬉しい言葉。ありがたい言葉。

2016-08-22-1471841155-7284328-moro242.jpg

涙が出そうになるくらいの幸せな気持ちで、心の中では、「行きたい行きたい!いつにする? お子さんはどんなお菓子が好き? お菓子とジュース、いっぱい持って行くね!」

...でも、言えませんでした。セーブをかけてしまいました。もう一歩が踏み出せない、自分がいます。

息子のこもたろは自閉症児。

2016-08-22-1471841196-7753948-moro243.jpg

話には聞いていても、突飛な言葉や行動を目の当たりにしたら、やはりビックリすると思います。お子さん達はきっと戸惑うでしょう。それがきっかけで、ぎくしゃくする関係になったりでもしたら...? 相手もすごく気を遣うんじゃない? このまま、何ごともなく関係を維持していた方がいいんじゃないの?

もしかしたら、私が無駄に慎重になりすぎているだけかもしれません。でも、やっぱり...勇気が出ない。

「嬉しい。ありがとう。今度ぜひ。」

そう笑顔で答えるのがせいいっぱいでした。きっと来ないであろう、今度。なかなか踏み込んだ関係になれない。

2016-08-22-1471841237-1426979-moro244.jpg

そうさせているのは私の気持ちだとわかっています。でも、勇気が出ないのです。

~続く。

★コミックエッセイ「自閉症くんは1年生」絶賛発売中!!

3刷出来!!
コミックエッセイ「生まれたのは自閉症くん。」大量描き下ろしにコラムも収録で絶賛発売中!! 

【moroブログ 「moroの家族と、ハンドメイドと。」】

マンガ版もあります! 新章突入!!「自閉症くんの母、やってます」 最新話はすくすくパラダイスぷらすへGO