発達障害と生きる

生後15カ月で言葉を話さなくなったエリザベス・ボンカーさん。声を使い、他の人に尽くすことの大切さを仲間に伝えました。
発達障害があるナナトエリさんと、夫の亀山聡さん夫婦によるコミック『僕の妻は発達障害』が原作です。
4月2〜8日は発達障害啓発週間です。社会的な背景や様々な事情から、見過ごされてきたかもしれない中高年の発達障害当事者。現在、「みらいのリスト」名義で発達障害の情報発信を行っている「みらいさん」もその一人だ。
なぜ自分はうまく仕事がこなせないのだろう。「仕事 できない」で検索すると「発達障害」という言葉に行き当たった━━。『要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑』(共著)著者の小鳥遊さんが伝授する、タスク管理術です。
4月2〜8日は発達障害啓発週間。セサミストリートに登場するオレンジ色の髪をした女の子「ジュリア」は自閉症の特性のあるキャラクターです。
4月2〜8日は発達障害啓発週間です。小学校に入学してすぐ発達障害の1つであるASD(自閉スペクトラム症)の診断を受けた息子。小学校では「問題ない」ように見えていたけれど…。
4月2日は世界自閉症啓発デー。「異彩を、放て。」をミッションに掲げる福祉実験ユニット「ヘラルボニー」が4月5日から国内外の障害のある作家のアート作品で空港内を鮮やかに彩ります。
不登校を経験した息子が、少しずつ元気になって高校進学を希望したとき、私は息子の困難のサポートにばかり目を向けていた。けれど息子自身は少しずつ「自分が送りたい高校生活」のイメージを持つようになり、自分の進路をポジティブに選ぶ姿勢に変化していった。
なぜ自分はうまく仕事がこなせないのだろう。「仕事 できない」で検索すると「発達障害」という言葉に行き当たった━━。『要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑』(共著)著者の小鳥遊さんが「タスク管理」にたどり着くまでを振り返ります。
「私みたいに頻繁に財布をなくしたり、片付けすらうまくできない人間でも、自分を信じて得意なことに身を投じることで誰かの役に立つことができる。社会についてだって考えることができるし、何より、どんな人にだって考えることは許されている」