援助

卒業スピーチで祖国を侮辱?と中国で騒動に メリーランド大の留学生「アメリカは空気が新鮮」

HuffPost Japan | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2017年05月24日

彼女のスピーチは、中国の大気汚染の問題から、言論の自由が許されれない中国に比較して、アメリカで感じたという「新鮮な空気」へと展開していく。

ペプシ炎上後、社会問題に「口をつぐむ」広告主の胸の内

DIGIDAY[日本版] | 投稿日 2017年05月24日
DIGIDAY[日本版]

そのコマーシャルが確固とした洞察に基づいたものでなければ、ただ時流に乗ろうとしているだけであることが簡単にバレてしまうのだ。

「ネット炎上」は関係性の終わりか、会話の始まりか

世羅侑未 | 投稿日 2017年05月23日
世羅侑未

「相手を笑わせたい」という表現者の意図が、結果として、ある立場の人を傷つけたり、排除するようなメッセージへと変わってしまう

「ネット炎上→削除」の先にあるもの。小島慶子さんらと「メディアと表現」考えてみた

HuffPost Japan | 笹川かおり | 投稿日 2017年05月25日

母親の育児を描いたおむつのCMは、なぜ炎上したのか。養殖ウナギを少女に擬人化した「ふるさと納税」のPR動画は、なぜ削除されたのか——。

ネット炎上は「言論の自由」を強くする

Ryan Takeshita | 投稿日 2017年05月21日
Ryan Takeshita

燃えるのは「めんどうくさい」ことなのか。

ムーニーのCMが炎上。ワンオペ育児するのが、ママじゃなくてパパだったら? ノルウェーのジェンダーフリー教科書を使って考える

枇谷玲子 | 投稿日 2017年05月12日
枇谷玲子

ワンオペ育児をするのがお父さんにとって辛いのなら、お母さんにとっても辛いはずだ。なのにお母さんだからって、耐えなくてはならないのだろうか?

ムーニーのおむつCMに「ワンオペ育児を賛美しないで」批判⇒ユニ・チャーム「取り下げはせず」本来の意図は?

HuffPost Japan | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年05月11日

ユニ・チャーム広報室の担当者はハフポストの取材に「本来の意図はリアルな日常を描き、応援したいという思いだった」。

「ネット炎上」の専門家が語る、『正しく怖がるインターネット』とは

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年03月21日

「スマホ利用に家庭でどんなルールを設けるべきか?子どもに何歳からスマホを与えるべきか?」こうしたことに心を砕いている家庭も多いことだろう。

「殺せ」ブログの長谷川豊氏、維新公認で衆院選出馬か 記者会見を予告

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2017年02月05日

フリーアナウンサーの長谷川豊氏を、日本維新の会が次期衆院選に千葉1区から擁立する意向を固めたと、日テレNEWS報じた。

長谷川豊アナ「殺せ」ブログと相模原事件、社会は暴論にどう対処すべきか?【インタビュー】

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年02月05日

過剰な自己責任論や「本音」に名を借りた暴言に対して、私たちはどう向き合うべきか。立岩真也教授に話を聞いた。

泉谷由梨子

【インタビュー】「殺せ」ブログの長谷川豊アナと「健康ゴールド免許」の小泉進次郎氏は同類なのか?

HuffingtonPost.jp | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年02月05日

個人の努力を促せば、医療費は削減できるのか?実は、予防医学では、それでは不十分なことが明らかになっている。

「『医療は全員に』は違う」長谷川豊アナが抗議の署名届けた患者女性と対談

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年02月05日

抗議の署名を集めた女性は、「長谷川さんが本当に訴えたかったことを聞き、一緒に未来を考えたい」とも考えていた。

「透析は大勢の死者の上に成り立っている」長谷川豊アナに抗議の署名・女性患者が訴えること

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2016年10月18日

小児病棟で「治療を続けてあげたいけどお金がない」とこぼす親の話も聞きました。(署名を集める野上さん)

「残業100時間超で自殺は情けない」長谷川秀夫教授の処分検討

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年10月22日

「残業100時間で過労死は情けない」とするコメントを武蔵野大学の長谷川秀夫教授がインターネットのニュースサイトに投稿したことについて、同大学が10日、謝罪した。

長谷川豊さんは「典型的なネット弁慶」 ブログ炎上で堀潤さんが批判

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年10月09日

LINEで長谷川さんとやりとりした内容を明らかにした。

資生堂CM「セクハラ」とTwitterで批判受け差し替えを検討 「インテグレート」シリーズで

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2016年10月07日

「セクハラではないか」「『綺麗でなければ女性ではない』ということなのか?」というネットの意見を受けた判断という。

長谷川豊アナ、暴言でレギュラー番組0本に 「週8本なめんなよ」から一転

The Huffington Post | ハフポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年10月05日

阿部哲子アナは「私個人としては長谷川さんが100%悪いと思う。バカヤローと言いたい気持ち」と心境を明かした。

アマゾン読み放題炎上から学ぶ、放題サービスの落とし穴

柿沼太一 | 投稿日 2016年10月04日
柿沼太一

ラインナップ外しがユーザーとの契約違反ではないかという問題ですが、この点については、私の意見では…。

明日に「芸術」を見るな「科学」を見よ。

野村善文 | 投稿日 2016年09月08日
野村善文

いつから人々は、明日に「芸術」を見なくなったのだろう。

中高生限定SNS「ゴルスタ」終了 個人情報書き込みや暴言などで批判殺到

オリコンNewS | ORICON STYLE | 投稿日 2016年09月05日

アプリの運営方針を批判した元利用者の名前など個人情報を運営側が公式ツイッター上に書き込み、批判が殺到。

「Vogue」ブラジル版、パラリンピック広告に非難轟々:セレブの手足をフォトショで消去

DIGIDAY[日本版] | 投稿日 2016年09月04日
DIGIDAY[日本版]

女性ファッション誌「Vogue」のブラジル版は8月24日、パラリンピック関するキャンペーンを発表。だが、これが「判断力を疑う」と、炎上騒ぎになっている。

「陽光」がアフリカに恵みをもたらすと勘違いされている安倍首相へお伝えしたいこと

黒岩揺光 | 投稿日 2016年08月29日
黒岩揺光

会議の開会式での首相の基調講演について、いくつか気になった点がありましたので、共有させていただきます。

意思決定の質を劇的に変える1分間ルール

吉田典生 | 投稿日 2016年08月15日
吉田典生

私たちは、恐ろしく刺激的な世界で生きています。

ネット炎上、1枚の写真で伝える防止法 年300回講演、プロの教え

withnews | 投稿日 2016年06月09日
withnews

あまたの「炎上事件」を分析し、学生や企業向けに炎上を起こさない方法を教えているプロがいます。

ソーシャルメディアの闇が世界を滅ぼす?

風観羽 | 投稿日 2016年05月16日
風観羽

いつの間にか、日常生活のあらゆる場面で過剰反応が猛威を振るっていて、企業も個人もそれぞれの立場で苦慮している。