BREAK THE SILENCE
2020年11月03日 10時54分 JST | 更新 2020年11月04日 09時16分 JST

アツギが「性的消費」と炎上。タイツを履いた女性のイラストで商品をPR【UPDATE】

「タイツの日」に合わせたキャンペーンの一環とみられ、「#ラブタイツ」のハッシュタグをつけて、アツギの商品を履いた女性たちのイラストを共有していた。

アツギ公式Twitter
「#ラブタイツ」のPR画像

ストッキングやタイツ、インナーウエアなどを販売する「アツギ」(神奈川県海老名市)の公式Twitterが、11月2日のタイツの日に合わせて投稿した一連のツイートに、「女性を性的に消費している」「気持ち悪い」などと批判が相次いでいる。Twitterでは「性的消費」「ストッキング」「アツギのタイツ」などのワードがトレンドに入るなど話題に。どんな内容だったのか?

 

商品を着た女性たちのイラスト

同社は11月2日、「本日のために様々なイラストレーターさんに、アツギの商品を着用した女の子を描いていただきました!タイツの日、1日を通して朝・昼・夜のシチュエーションで女性の脚もとを彩るタイツ・ストッキングのイラストをお楽しみください!」と投稿。

続くツイートには、同社の商品を着用した高校生、キャビンアテンダント、会社員などのイラストが投稿された。イラストの人物は全て女性で、脚元が強調された描写が目立つ。イラスト以外にも、イラストレーターのTwitterアカウント、イラストの人物が着用している商品名などが記載されている。投稿には「#ラブタイツ」のハッシュタグが付けられ、商品をPRするキャンペーンの一環とみられる。

公式アカウントは、「素敵なイラストばかりで、動悸がおさまらないアツギ中の人。 みんな……めちゃくちゃ可愛くないですか………」ともツイート。「じゃあ付き合っちゃおうか」など、イラストレーターがセリフを記した投稿をリツイートすることもあった。

「見る側目線」のPRに批判

「タイツの購買層ではなく、タイツを履く女子が好きな人に向けてPRしているのがずれている気がする」

「着る側ではなく見る側目線で展開されて困惑」

「タイツを性的に描いている」

Twitterには、一連のキャンペーンに対して批判が相次いでいる。

アツギの公式Twitterはこれまでにも、タイツを着用した女性の性的なイラストをリツイートしたり、PRしたりする投稿をしていた

企業の公式Twitterの活用をめぐっては、タカラトミーが「#個人情報を勝手に暴露します」のハッシュタグを付けたツイートで批判を浴び、謝罪と削除をする事態に。同社は「ダブルチェックができていなかった」などと説明している。ネット上では、今回のアツギの問題でも、こうした企業側のチェック体制の課題を指摘する声も上がっている。

 

アツギ「対応を検討中」

アツギの商品マーケティングの担当者は、ハフポスト日本版の取材に対し、「『#ラブタイツ』の一連のツイートは、商品PRのキャンペーンとして展開していた。(批判を受けて)社内で対応を検討している段階で、今後社としての見解を正式に公表したい」と説明している。

【UPDATE】2020年11月3日11:25アツギのコメントを追記しました。

【訂正】2020年11月3日18:25
記事中に「タイツの購読層」との記述がありましたが、正しくは「タイツの購買層」でした。

【UPDATE】2020年11月4日9:15

アツギは自社サイトで、今回のキャンペーンに関するお詫び文を掲載。「多くのお客様の期待を大きく裏切る結果となってしまいましたことを深く反省しております」などと謝罪し、キャンペーンの中止を発表した。さらに、関連するツイートを削除し、公式Twitterでの新規の投稿も当面中止することを明らかにした。