Fukushimadaiichigenpatsu

7年目の再出発でも晴れない南相馬市「精神科病院長」の「苦悩」と「怒り」--寺島英弥

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年08月09日
新潮社フォーサイト

「福島原発事故は、この母なる故郷を永遠に奪い去った」避難指示解除後の現実に、渡辺さんの苦悩と憤りは癒やされぬままだ。

和田千才

DASH村から4キロ、原発被災地の山村で小さな田んぼが始まった【福島県葛尾村】

HuffingtonPost.jp | 和田千才 | 投稿日 2017年06月27日

DASH村から4キロ。福島県葛尾村でなぜ告知を最小限に絞ったイベントが行われたのか…

「私たちは町の復興のために故郷をなくします」自分の土地で中間貯蔵施設を受け入れた大熊町民たちの思い

喜浦遊 | 投稿日 2017年06月18日
喜浦遊

大熊は今後も町として残って欲しいと思います。自宅を諦めた今、町が「私が大熊の人間であった」という証なのです。

原子力行政を担当していた大熊町職員が語る、避難指示の難しさ

喜浦遊 | 投稿日 2017年06月14日
喜浦遊

「原発は安全が前提ではない。機械は万能ではない」という冷静な認識、覚悟が必要だと感じています。

スロバキアの原子力発電所を見学して

妹尾優希 | 投稿日 2017年05月04日
妹尾優希

福島第一原発の事故はスロバキアにも大きな影響を与えました。

「伝説の名経営者」起用でも「東電」再建は「画餅」--杜耕次

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年04月11日
新潮社フォーサイト

6月下旬に発足する東京電力ホールディングス(HD)の「新体制」が決まった。

原発避難の子供へのいじめ199件 「お前らのせいで原発が爆発した」との悪口も

The Huffington Post | Chitose Wada | 投稿日 2017年04月11日

福島第一原発の事故などで福島県から避難した子供のなかには、「お前らのせいで原発が爆発したんだ」「放射能がつくから近づくな」などと言われた小学生がいた。

避難指示解除、住宅無償提供打ち切り、そして福島の若者たちによる「U235の少年たち」

雨宮処凛 | 投稿日 2017年04月05日
雨宮処凛

4月1日、新しい年度が始まるこの時期、原発事故で避難指示が出ている地域にも様々な動きがあった。

福島第一1号機の冷却水、透明度が改善 東電が画像公開

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年03月19日

東京電力は19日、福島第一原発1号機の原子炉格納容器に入った調査ロボットが撮影した画像を公開した。

原発避難訴訟 画期的な判決になるも、悔しがる原告「苦労してきた6年間はこんなものか」

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年03月17日

判決後、群馬県教育会館で開かれた原告団集会では、全国各地の弁護士たちから喜びの声が上がった。ただ...

原発訴訟で国と東電の過失認める 前橋地裁で初判決「予見可能だった」

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年03月17日

東京電力福島第一原発事故で群馬県に避難した人や家族ら137人が国と東電に1人当たり1100万円の損害賠償を求めた集団訴訟の判決が17日、前橋地裁であった。

中国国営テレビが日本産食品を「放射能汚染」と攻撃 震災以降の禁輸措置も解除せず

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年03月15日

中国政府は2011年の福島第一原発事故を理由に、周辺10都県に及ぶ東日本の広い範囲からの食品輸入を今も禁止している。

今村雅弘復興相、自主避難の長期化「現実に合わない」

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2017年03月13日

今村雅弘復興相は福島第一原発事故の自主避難者が帰還できるよう、政府が長期にわたって支援するべきではないかとの意見について、「現実に合わない」などとと述べた。

ふたば未来学園

細野豪志 | 投稿日 2017年03月10日
細野豪志

6年が経った。もう一度、「福島を忘れていないか」と自らに問いかけたい。

3・11から6年に思うこと。

雨宮処凛 | 投稿日 2017年03月08日
雨宮処凛

あの頃、6年後のこの国や自分自身なんて、まったく想像できなかった。

東日本大震災:薄れぬ記憶、戻らぬ故郷

AAR Japan | 投稿日 2017年03月05日
AAR Japan

福島県では今年3月末、帰還困難区域以外のほとんどの地域で避難指示が解除されますが、傾聴活動では、どこにも行き場のない怒りや悲しみの声が多く聞かれます。

福島第一原発の賠償費、1世帯あたりの負担額はいくらになる?

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年02月26日

家庭の負担額は料金内訳が書かれた検針票には示されておらず、利用者の目には届かない。

【3.11】福島・原発から7kmの請戸漁港に船が戻ってきた 「漁師に戻る一歩だ」大漁旗掲げ

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年03月09日

「まだまだ俺の海ではないが漁師に戻る一歩だ」。

「水田」を「大規模放牧地」に変える「福島県飯舘村」の農家の挑戦--寺島英弥

新潮社フォーサイト | 投稿日 2017年02月15日
新潮社フォーサイト

標高400~600メートルの福島県飯舘村はいま、田んぼの土が凍り付く厳寒の中だ。村の中心部に近い松塚地区の雪原になった水田に、電線を張った牧柵に囲まれた一角がある。

「東北の湘南」でわたしは高野病院の院長になった

中山祐次郎 | 投稿日 2017年02月10日
中山祐次郎

2017年2月1日から、福島県の福島第一原発から22kmに位置する高野病院の院長として働き始めた。

人が近づくと1分足らずで死に至る。格納容器、530シーベルトを計測

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年02月04日

東電は「溶けた燃料が圧力容器から落ち、足場を溶かして穴ができた可能性がある」と説明した。

「燃料デブリ」福島第一原発で発見か チェルノブイリには現存、どう取り出す?

The Huffington Post | 安藤健二 | 投稿日 2017年01月31日

福島第一原発2号機の格納容器の内部をカメラで確認する調査が1月30日に実施された結果、圧力容器の真下の作業用の床に、黒い堆積物が見つかった。

福島第一2号機、原子炉の下に黒い塊 放射線量測定へ

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年01月30日

福島第一原発2号機の原子炉の調査で、核燃料の可能性がある黒い塊が見つかりました。

「震災後、何かしたい気持ちずっと...」院長死亡で常勤医ゼロの福島・高野病院、2カ月限定の医師赴任へ

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年01月11日

一方で、4月以降は引き続き常勤医は不在。

「福島の医療崩壊は、どこでも起こりうる」原発22キロ、常勤医ゼロの高野病院の危機を救え

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年01月09日

「常勤医が見つかりました、じゃ、後はがんばって」でいいのでしょうか?(尾崎章彦医師)