福島第一原発

Fukushimaへの恩返し--ルワンダ大虐殺を生き延び、現在は原発避難民を支える一人の女性の物語(後半)

原貫太 | 投稿日 2016年06月22日
原貫太

ルワンダ大虐殺、東日本大震災、福島原発事故。幾つもの「壮絶な」経験をしたにも関わらず、現在日本とルワンダを行き来し、ボランティア活動に携わる一人の女性がいる。

東電「炉心溶融」隠蔽指示で元社長を処分 「官邸要請」は調査せず

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年06月21日

広瀬直己社長は21日、当時の社長が炉心溶融という言葉を使わないよう社内に指示していたことについて隠蔽と認め、謝罪した。

Fukushimaへの恩返し--ルワンダ大虐殺を生き延び、現在は原発避難民を支える一人の女性の物語(前半)

原貫太 | 投稿日 2016年06月20日
原貫太

カンベンガ・マリールイズ氏は、ルワンダでの内戦中を振り返る。「何もない中でも、唯一残ったのが"教育"だったのです。」

「炉心溶融」使わないよう社長が指示 東電の第三者委が報告書【福島第一原発事故】

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年06月16日

意図的な隠蔽と評価することは困難とした。

グリーンコープ、通販カタログで福島除く「東北5県応援」の表記で謝罪

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2016年06月15日

「配慮がたりない案内」だったとして謝罪した。

福島県を東北応援フェアから除外 「福島差別」との反響にグリーンコープは...

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2016年06月13日

東日本大震災と原発事故で甚大な被害を受けた福島県が除外されていることに対して、疑問の声が上がっていた。

報告「森林環境」市民講座/震災後5年 東北での経験から何を学ぶか

森林文化協会ブログ | 投稿日 2016年06月02日
森林文化協会ブログ

千葉大学 園芸学研究科科長の小林達明教授「福島では放射線の影響はもちろんだが、コミュニティの破壊が最大の問題だと思っている」

除染作業員の遺体か? 勤務先の敷地内で発見。殺害された可能性も

The Huffington Post | 安藤健二 | 投稿日 2016年05月17日

2015年秋から行方不明になっていた40代の除染作業員の男性とみられる遺体が5月16日、勤務先だった福島県いわき市の建設会社の敷地内で見つかった。

水俣病、公式確認から60年 なぜ福島でも、同じことが繰り返されるのか(インタビュー)

The Huffington Post | 吉野太一郎 | 投稿日 2016年05月02日

その教訓から、日本は学んだと言えるだろうか。

東京電力に3100万円賠償命令、福島県の双葉病院、避難の患者死亡で

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2016年04月27日

双葉病院から避難した患者の死亡をめぐる判決は初めて。

炉心溶融基準、今ごろ気づいた背景には追及続けた新潟県の取り組みがあった

朝日新聞デジタル | 松浦祐子、西川迅、大津智義 | 投稿日 2016年03月26日

東京電力は、原子炉の核燃料が溶け落ちる「炉心溶融」の判定基準が、事故当時の社内マニュアルに明記されていたのに、その存在に5年間気づかなかったと謝罪した。

「日本酒イベントを中止しろ」韓国の市民団体がソウルで抗議 理由は?

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2016年03月26日

海外で開かれる日本酒イベントとしては過去最大規模のイベントですが…。

東日本大震災5年目に思う/またしても歴史は抹消されるのか

風観羽 | 投稿日 2016年03月16日
風観羽

東日本大震災から5年目ということで、メディアでは特集番組や特集記事等も組まれて、震災の記憶を取り戻す機会となった。

「正当化された棄民政策」

舩橋淳 | 投稿日 2016年03月15日
舩橋淳

長引く原発避難の現状を探るため、仮設住宅、見なし仮設、復興公営住宅、災害公営住宅、役場、県庁などなど徹底した現地取材で炙り出す、現場の不条理が活写されている。

小泉元首相「ウソとわかってて、ほっかむりすることはできない」―「日本と原発 4年後」上映会in板橋

中妻じょうた | 投稿日 2016年03月15日
中妻じょうた

「なぜ、リベラルは常に負けるのですか?」

川内原発周辺の線量計、半数が性能不足 事故時に使えないことが判明

朝日新聞デジタル | 石川智也、関根慎一 | 投稿日 2016年03月13日

毎時20マイクロシーベルトが1日続いたら1週間以内に、毎時500マイクロに達したらすぐに避難する。

「黒ずんだ手でできること」

舩橋淳 | 投稿日 2016年03月15日
舩橋淳

大切なのは、遠く離れたところから「福島を救え!」と叫ぶことでも、被ばくの事実を取り上げ、「政府がなんとかしろ!」と政権を糾弾することでもない。

変貌を遂げた労働環境 人材を集められなくなる福島第一原発

吉川彰浩 | 投稿日 2016年03月13日
吉川彰浩

危険だからこそ出せていた高給与は今後望めなく、人材確保はお金で持って釣るようなことは今後出来なくなってきます。

「3.11」から5年:「選別される棄民」と「女の革命」

新潮社フォーサイト | 投稿日 2016年03月11日
新潮社フォーサイト

福島県には、被災前は日本の原風景のような集落がそこここに点在していた。人々が心穏やかに暮らした村や町のたたずまい。そこから人々の姿が消えて5年がたった。

和田千才

福島第一原発について、あなたが知らない6つのこと

HuffingtonPost.jp | 和田千才 | 投稿日 2016年03月11日

通勤渋滞の始まる時間は? 構内のコンビニに売られていないものは?

東日本大震災から5年、私たちは何を遺すべきなのか

Tomoko Nagano | 投稿日 2016年03月10日
Tomoko Nagano

東日本大震災から5年にあたり、どんな記事を出すかという会議で、編集部員から出たのは「被災地にとって、5年という数字に大きな意味はないですよね」という言葉だった。

班目春樹氏、菅直人元首相をマンガでこき下ろす「マッカーサー気取り」

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2016年03月10日

斑目氏は「いまだにあの顔を思い出すだけで気分が悪くなる」などとつづっています。

5年目の「3・11」を迎えて、脱原発を進め、被災地支援を継続したい

保坂展人 | 投稿日 2016年03月10日
保坂展人

あの東日本大震災から5年が経とうとしています。

吉野太一郎

福島の甲状腺がん「放射線の影響は考えにくい」 健康調査検討委の座長はどう答えた

HuffingtonPost.jp | 吉野太一郎 | 投稿日 2016年03月08日

検討委員会の座長を務める星北斗氏(福島県医師会副会長)は3月7日、東京の外国特派員協会で、調査結果について改めて説明し、見解を披露した。

和田千才

「あのとき、おなかに子供がいました」福島第一原発の女性オペレーターは、5年後も現場にいた。

HuffingtonPost.jp | 和田千才 | 投稿日 2016年03月18日

福島第一原発で女性が働き続けることへの不安はないのか。話を聞いた。