原発事故

人が消え、緑にのみこまれた福島の町 ドローンが映す、原発事故の今の姿(動画)

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年08月01日

東京電力福島第一原発事故から6年余り。人の姿が消えた町では、手つかずの自然が生活の痕跡をのみ込み、辺りを緑一色に染めていた。7回目の夏を迎えた福島の帰還困難区域をドローンで撮影しました。

東電・勝俣元会長ら3人、無罪を主張「津波、事故の予見は不可能」 福島原発事故で初の刑事裁判

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年06月29日

東京電力福島第一原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された元会長の勝俣恒久被告(77)ら3人の初公判が6月30日、東京地裁で始まり、3人はいずれも無罪を主張した。

東電元会長ら3人、起訴内容否認へ「津波予見できず」 福島原発事故で初公判

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年06月29日

東京電力福島第一原発の事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された元同社会長3人が、30日に東京地裁で開かれる初公判でいずれも起訴内容を否認する方針であることが関係者への取材でわかった。

スロバキアの原子力発電所を見学して

妹尾優希 | 投稿日 2017年05月04日
妹尾優希

福島第一原発の事故はスロバキアにも大きな影響を与えました。

中国国営テレビが日本産食品を「放射能汚染」と攻撃 震災以降の禁輸措置も解除せず

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年03月15日

中国政府は2011年の福島第一原発事故を理由に、周辺10都県に及ぶ東日本の広い範囲からの食品輸入を今も禁止している。

高浜原発の建屋にクレーンが倒れかかる 屋根が一部変形

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年01月20日

当時、暴風警報が出ており、強風が吹いていたという。

「住宅支援は命づな」福島第一原発事故による自主避難者、支援継続を訴える

The Huffington Post | 吉川慧 | 投稿日 2017年01月17日

東京電力福島第一原発の事故で、避難指示区域以外から福島県外に避難した自主避難者と自主避難者の支援者らが1月17日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で記者会見した。

「震災後、何かしたい気持ちずっと...」院長死亡で常勤医ゼロの福島・高野病院、2カ月限定の医師赴任へ

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年01月11日

一方で、4月以降は引き続き常勤医は不在。

「福島の医療崩壊は、どこでも起こりうる」原発22キロ、常勤医ゼロの高野病院の危機を救え

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2017年01月09日

「常勤医が見つかりました、じゃ、後はがんばって」でいいのでしょうか?(尾崎章彦医師)

福島・津波で行方不明の女の子の遺骨見つかる、父はずっと捜索を続けていた

The Huffington Post | ハフィントンポスト編集部 | 投稿日 2016年12月25日

「少しずつ汐凪に近づいている気がします」と綴っていた。

福島いじめ「大人社会を映し出している」避難者が訴え

The Huffington Post | 泉谷由梨子 | 投稿日 2016年12月22日

「大人社会を映し出している」

除染に税金数千億円投入へ、東電の救済?費用を国が肩代わり

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2016年12月14日

東京電力が負担すべき地域の除染に、国費が投入される。

原発避難でいじめ、中1男子が横浜市に手紙「ものすごく時間がかかっている。どうしてあやまってくれない」

The Huffington Post | Kazuhiko Kuze | 投稿日 2016年12月09日

「あれからものすごく時間がかかっているし、僕はこれからどうすればいいのか」

福島から横浜に自主避難していた中学1年男子がいじめられたことの報道について思う

Arinobu Hori | 投稿日 2016年11月20日
Arinobu Hori

私たちの社会は、この13歳の子どもに、多くのものを背負わせ過ぎている。

原発事故後も活動を続けた救急隊の成果

森田知宏 | 投稿日 2016年10月06日
森田知宏

原発再稼働に向けて、原発災害時の避難計画の整備が行われている。

韓国、M5.8の地震は原発密集地で起きていた【一目で分かる地図】

The Huffington Post | 吉野太一郎 | 投稿日 2016年09月15日

これまで大きな地震がなかった韓国では、改めて大地震発生時の原発事故のリスクを懸念する声が出始めている。

チェルノブイリで再び発電へ。だが、それは原子力ではない【動画】

The Huffington Post | ハフィントンポスト日本版編集部 | 投稿日 2016年08月22日

2600平方キロメートルに及ぶ地域は汚染され、見捨てられてきました。

「ここに人がいた証を残したい」。福島県浪江町立請戸小、震災当時6年生の思い

猪野元健 | 投稿日 2016年08月18日
猪野元健

「震災で起こったことを、ここに人がいたことを忘れてはいけないと思うんです」

「マムシの善三」、東電「第三者委員会」でも依頼者寄りの"推認"

郷原信郎 | 投稿日 2016年06月17日
郷原信郎

東京電力の第三者委員会のやり方は、あまりに粗雑だ。

原発事故から5年、避難するお年寄りを追ったドキュメンタリー映画

猪野元健 | 投稿日 2017年05月03日
猪野元健

古居監督は、「放射能で生活をうばわれた人たちとパレスチナの人たちがどこかで重なった」と話します。

チェルノブイリを調べる、たった一人の考古学者「古代の遺跡と同じくらい価値がある」(画像集)

HuffPost Australia | Emily Brooks | 投稿日 2016年04月26日

37歳の考古学者の心をつかむ、現代の遺跡チェルノブイリ。

班目春樹氏、菅直人元首相をマンガでこき下ろす「マッカーサー気取り」

The Huffington Post | HuffPost Newsroom | 投稿日 2016年03月10日

斑目氏は「いまだにあの顔を思い出すだけで気分が悪くなる」などとつづっています。

福島とチェルノブイリ、事故5年目の比較 本当に帰還するべきなのか

森林文化協会ブログ | 投稿日 2016年12月19日
森林文化協会ブログ

「福島」と「チェルノブイリ」の5年目を比べてみると、向かっている方向が大きく異なることに気付く。

福島の避難区域、外国人カメラマンが捉えた原発事故から4年半の姿【画像】

The Huffington Post UK | Paul Vale & Tahira Mirza | 投稿日 2016年02月02日

原発事故から4年半、避難区域には草木が生い茂り、放置されたものを緑が飲み込むかのようだ。

「福島の子供の甲状腺がん発症率は20~50倍」 津田敏秀氏ら論文で指摘

The Huffington Post | 吉野太一郎 | 投稿日 2015年10月08日

「チェルノブイリ原発事故で4年以内に観察された甲状腺がんの多発と同様の現象が起きているが、日本国内ではこのことが理解されず、何の準備もされていないので、よく準備して対策をとるべきだ」と訴えた。