「ギャップえぐい」実家の猫。写真では天使⇒帰省したら般若の顔で威嚇される

「思わず笑った!」「こんな表情になるんだね…」と話題です

帰省した際の実家の猫の様子がXに投稿され、「写真とのギャップがえぐい」「思わず笑った」と話題になっています。

投稿したのは、Turiさん(@turi2018)。Xで母が共有してくれる写真をもとに、父と愛猫・るるちゃんの日常を投稿しています。

今回はTuriさんが久しぶりに帰省したときのお話。普段実家の両親から送られてくる、るるちゃんの写真のイメージで再会してみると、想定外の反応で…。

写真のかわいい表情はどこへやら、まるで「般若」のような顔で威嚇をされてしまったようです。

投稿には8万もの「いいね」が寄せられ、「表情のギャップえぐいな!」「ごめん、これは思わず笑っちゃう😂」「想像しただけで爆笑!シャーって音が聞こえる😺」「投稿主さん、なんかしたん?ってくらい般若」と反響が集まりました。

ハフポスト日本版はTuriさんに話を聞きました。

Turiさんによると、るるちゃんは「おっとりして天然なところがあり、足を踏外して高い所から落っこちることもあります。一方スイッチが入ると元気に走りまわって遊んでいます」とのこと。

強烈なお出迎えのあと、恐る恐る手遊びをしてみたり猫じゃらしで遊んだりしたTuriさんですが、残念ながら「3年経っても未だに抱っこはさせてくれません。撫でるのがやっとです。帰省はいつも一週間くらいですがあと少し長ければ…といつも思います」とのこと。「抱っこすること」を目標にしているそうです。

反響について、「引用RTなどでは『こんな表情するんだ!』『普通の猫と同じで安心した』みたいなコメントが多くて驚きました。るるは普通の猫です(笑)両親の前だと甘えちゃうんだと思います」と話していました。