健康

酒酔いの医師が、手術室に入ってきたらどう思う?医師の働き方問題は、私たちの安全問題でもある

市川衛 | 投稿日 2017年06月26日
市川衛

研究者たちは、この「激務」によってパフォーマンスがどのくらい落ちるか、ということをユニークな方法で調べようとしました。

「『カルピス』には約100年間注ぎ足してきた"秘伝の原液"がある」 日本初の乳酸菌飲料の伝統と新たな挑戦から「カラダカルピス」が生まれた。

HuffPost | 投稿日 2017年06月12日

全社員の1%以下しか知らない、カルピスの秘密とは?

スポーツドリンクも...乳幼児にイオン飲料、飲み過ぎ注意 健康悪化の報告例

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年06月10日

水分補給に良いとされるイオン飲料やスポーツドリンクなどを多量に飲み続け、健康状態が悪化した乳幼児の報告が、2016年までの10年間で少なくとも24例、31年で33例あったことが日本小児科学会などの調査でわかった。

がんプログレッションにおける代謝変化の役割

ネイチャー・ジャパン | 投稿日 2017年06月08日
ネイチャー・ジャパン

細胞の代謝の変化は、さまざまながんでよく見られる。こうした代謝の変化ががんの発生に直接影響を及ぼす仕組みは、研究がなされているところである。

結婚式を控えた私、でもダイエットはしない

Bexx Hillman | 投稿日 2017年05月31日
Bexx Hillman

小さい頃から夢見ていたことがある。運命の人と出会い、恋に落ち、大好きな人に囲まれながら、かわいいドレスでバージンロードを歩くこと...。

がんの術前不安軽減にも効果が? 注目される"音楽療法"とサウンドヒーリングの違い

佐藤由美子 | 投稿日 2017年05月22日
佐藤由美子

音楽療法にはさまざまな利用法があり、その効果が期待されています。正しい知識が広まることで多くの人が音楽療法を受けられるようになることを願っています。

アップルのティム・クックCEO、Apple Watchで血糖値を測定していた姿が目撃される

Engadget 日本版 | 投稿日 2017年05月19日
Engadget 日本版

「血糖をチェックするために、何度も身体に針を刺すことは精神的に苦痛です」

体脂肪を落とす?コレステロールを下げる?ウワサの「機能性表示食品」とは

市川衛 | 投稿日 2017年05月14日
市川衛

申請の際には国による審査が行われる「特定保健食品」と比べて、残念ながら信頼をおける状況ではなさそうです。

なぜあの人はいつも遅刻するのか?心理学で説明された3つの原因と対策

HuffPost | Lindsay Holmes | 投稿日 2017年05月08日

精一杯心がけているつもりでも、約束した時間よりいつも10分、遅れてしまう。そういう人は信頼できる人間、だろうか?

オイシックスが東大発のベンチャー『ふらりーと』を子会社化。現役東大生、斎藤大斗の野望とは?

CAREER HACK by enjapan | 投稿日 2017年04月30日
CAREER HACK by enjapan

「『食』という領域で勝負していきたい。そう考えるなかで、オイシックスと事業領域が近く、ビジョンに共感ができたんです。」(ふらりーと 齋藤大斗さん)

育児の不安を医療の力で解消したい。医師が目指す、新たな社会支援のカタチ

ヘルシーソサエティ賞 | 投稿日 2017年04月19日
ヘルシーソサエティ賞

深刻な小児科と小児科医不足は、どうすれば解決できるのか?医師が出した一つの答え。

アスリートの貧血克服によるパフォーマンス向上について

菅野優太 | 投稿日 2017年04月18日
菅野優太

皆さんは、自分の血液の状態をご存知でしょうか?

「泣いて笑って、寄り添って」私たちが貧困や難病と闘い続ける理由

ヘルシーソサエティ賞 | 投稿日 2017年04月17日
ヘルシーソサエティ賞

「教え子たちが喜ぶことが私にとって何よりもうれしい」(鬼一二三さん)「わかりあい、和みあう『和』と、手をつなぎ理解を広げていく『輪』が大切」(増田靖子さん)

ドロップアウト寸前から、家庭医育成者に。家庭医普及に尽くす若き医師

coFFeedoctors | 投稿日 2017年04月14日
coFFeedoctors

家庭医育成を軸に、ミクロとマクロの視点を持っている医師の目指す先とは。

「結核ゼロ」を目指す日本人医師。世界97カ国に広がる人材育成の輪とは?

ヘルシーソサエティ賞 | 投稿日 2017年04月13日
ヘルシーソサエティ賞

世界ではいまだ年間1040万人が結核を発病、180万人が結核により死亡している。

「一晩寝かせたカレー」で食中毒 ウェルシュ菌、100度で60分間加熱しても死滅しないものも

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年04月10日

食中毒を引き起こす「ウェルシュ菌」には熱に強いものがあり、作りおきしたカレーや煮物などを食べて発症するケースが多くみられます。

「不眠になりやすい体質」が判明?遺伝子と睡眠の意外な関係は

市川衛 | 投稿日 2017年04月07日
市川衛

4月6日(米時間5日)、興味深い研究論文が発表されました。「不眠になりやすい体質」が判明したかもしれないというのです。

有病率と発生率の違い-リスクの評価には、どちらの率を用いるべきか?:研究員の眼

ニッセイ基礎研究所 | 投稿日 2017年04月07日
ニッセイ基礎研究所

病気の率を表す概念として、有病率と、発生率がある。これらは似て非なるもので、混同は避けなくてはならない。両者の違いを見ていこう。

骨による食欲調節

ネイチャー・ジャパン | 投稿日 2017年03月17日
ネイチャー・ジャパン

骨は腎機能やグルコースの恒常性を調節するホルモンを分泌する、多機能の内分泌器官と考えられている。

意外!世界一健康な国、シンガポール生活を始めて改善されたこと

週刊ABROADERS | 投稿日 2017年03月16日
週刊ABROADERS

海外生活の三本柱は「精神力」「体力」「柔軟性」。実はあまり知られていないかも知れませんが、シンガポールは世界の中で最も健康的な国なんです。

コカ・コーラの「トクホ」参入で、飲料業界の勢力図は変わるのか

スマート業界地図 | 投稿日 2017年03月13日
スマート業界地図

コカ・コーラが、今回発売を開始するのは主力商品である『コカ・コーラ』のトクホバージョンです。

納豆をよく食べる人は、脳卒中リスク3割低下(調査結果)

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年02月19日

納豆を最も多く食べていたグループの脳卒中による死亡リスクは、納豆をほとんど食べないグループより32%低かった。

複雑化する社会を良く生きるためにテクノロジーでできること

長倉克枝 | 投稿日 2017年02月16日
長倉克枝

人がよりいきいきとした状態を、情報技術によって実現することは可能なのか?また、そのためには、具体的に何をどうすればいいのか?

和食を食べれば体が変わる

西畑良俊 | 投稿日 2017年02月15日
西畑良俊

私たちが忘れかけている日本の伝統的な和食にはすごい力が秘められている。和食の力をもう一度見つめ直してみましょう。

カロリー制限、やっぱり長寿に効果あり 「論争に一つの終止符が打たれた」

朝日新聞デジタル | 朝日新聞社提供 | 投稿日 2017年01月17日

米国の二つの研究チームがまとめ、17日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。