ライフスタイル
2015年01月18日 01時32分 JST | 更新 2015年01月18日 01時33分 JST

年末ジャンボ宝くじ、111本の高額当選が誕生 発生本数は東京都が1位

1等・前後賞合わせて史上最高額タイの7億円が当たる『第669回年末ジャンボ宝くじ』が昨年12月31日に発表され、これまで全国で111本の高額当せんがあったことが明らかになった。

TORU YAMANAKA via Getty Images
A customer purchases tickets for the 700 million yen (6 million USD) 'Year-end Jumbo Lottery' as the first tickets go on sale in Tokyo on November 21, 2014. Thousands of people queued up for tickets in the hope of becoming a millionaire in the annual lottery. AFP PHOTO/Toru YAMANAKA (Photo credit should read TORU YAMANAKA/AFP/Getty Images)

年末ジャンボ宝くじ、“111本”の高額配当が確定 発生本数は東京都がダントツ!

1等・前後賞合わせて史上最高額タイの7億円が当たる『第669回年末ジャンボ宝くじ』が昨年12月31日に発表され、これまで全国で111本の高額当せんがあったことが明らかになった。

1等(5億円)は49本中37本、1億円の前後賞は98本中74本がそれぞれ発生し、全国で1億円以上の高額当せんが111本誕生。

また、都道府県別で見ると、東京都が1等9本、前後賞18本でダントツの1位。そのほか、神奈川県と静岡県、大阪府が1等3本、前後賞6本。宮城県、愛知県、兵庫県、沖縄県で1等2本、前後賞4本となっている。

同宝くじの支払期間は、2015年1月6日から2016年1月5日まで。

【関連記事】