アートとカルチャー

「数千万人もの視聴者の前で業績を台無しにされた」として、少なくとも500万ドル(約5億5000万円)の損害賠償を求めているという。
水俣病を世界に伝えた写真家、ユージン・スミスさんと水俣で暮らし、患者たちにカメラを向け続けたアイリーン・美緒子・スミスさん。「この映画は、水俣病も世界の公害問題も現在進行形なんだと、エンターテインメントを通して気づかせてくれる」
医療制度や国家権力の腐敗を追ったルーマニアのドキュメンタリー映画「コレクティブ 国家の噓」。アレクサンダー・ナナウ監督が単独インタビューに応じた。
「娘の指や足があるかで愛の重さは変わらない。私を産んだ母も、きっと同じ気持ちだと分かった」。先天性の四肢疾患があるアーティスト片山真理さんが娘の出産を経て、たどり着いた表現とは。
日本での映画公開から20年にあたる2021年12月1日に発売される。価格は5万9800円(税込)。
2022年秋に登場予定。どんなキャラクター?20周年の節目に発表されました。
スタッフは立ち上げ当初の3人から、アルバイトも含めて11人にまで増えた。
『聖闘士星矢』や『牙狼(GARO)』がモチーフではないかという説も出ていました。
「自信がつきました。私はただ怖くて、自分の肌を心地よく感じたことはなかった。でも...」
実際に水俣を訪ねたアンドリュー・レヴィタス監督。「他の人の助けになるために、自分たちの物語を使ってくださいと、そう言われたんです。本当にすごいことだと思いませんか」