hero image
krisanapong detraphiphat via Getty Images

「金融リテラシー」は、日々の家計や将来のための資産形成、国の制度など、生きていくために必要なお金の知識や判断力を身につけること。「お金」を知り、学び、考えるヒントをご紹介します。

厚労省が、スマホやタブレット端末で年金額を試算できるツール「公的年金シミュレーター」を開発。4月25日から試験運用を始めています。
ゴールデンウィーク期間中に新価格へ。看板商品の牛めしやカレーの価格が改定されます。
子どもから絶大な支持を受ける「うんこドリル」と省庁や自治体がコラボし、新たな教材が誕生している
三井住友フィナンシャルグループ(FG)、三菱商事、東京電力ホールディングス(HD)、中部電力に対し、日本とオーストラリアの環境団体が、気候変動対策の強化を求める株主提案を提出しました。
5月10日から、写真1枚180円、ジャンボうちわ800円、コンサートパンフレット2500円になるといいます。
携帯や賃貸契約、お酒やたばこ、成人式。18歳で何ができて、何ができないのか?気をつけて欲しいことも紹介します。
日本を含むアジアのスタートアップ企業を中心に、最大で50億円規模の投資を見込んでいるといいます。
東京・赤坂にある衆院議員宿舎の家賃が4月から引き下げられることになりました。SNS上では疑問の声が上がっています
第一生命経済研究所の首席エコノミスト・熊野英生さんは、個人も企業も「投資」を意識すべきだと指摘しています。
第一生命経済研究所の首席エコノミスト・熊野英生さんは、緊迫するウクライナ情勢も踏まえ、「コストの上昇が原因で起きる物価上昇は続くだろう」と指摘しています。
金融教育の普及をめざす一般社団法人「日本金融教育推進協会」の副代表理事の1人は大学3年生。若い世代に向けてお金の知識を広めたいーー。その理由や思いを聞きました。