EDITORS’ CHOICE

NHK連続テレビ小説『おちょやん』で、朝日奈灯子(あさひな・とうこ)を演じるのは小西はるさんです。物語の鍵を握る人物になっていきそうーー。
絵本『こぐまとブランケット 愛されたおもちゃのものがたり』の翻訳を手がけた内田也哉子さん。ライフワーク的に取り組んでいる絵本の「翻訳」と、子どもたちとの大切な読み聞かせの時間について、話を聞いた。
国分太一さんが自身のTwitterに城島茂さんの写真を連投。「いつも?のポーズ」で笑顔です。
『淵に立つ』『よこがお』の深田晃司監督、アカデミー賞の取材を続けてきた朝日新聞の藤えりか記者と考えます。

PROJECT

利便性が高く、商品もおしゃれ。エコとは関係ない動機で使い始めたら、自然と「プラごみ削減」に繋がっているというサービス。Loopは日本の消費を変えるか。
2020年末に政府が発表した「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」。ESGの専門家・夫馬賢治さんは、「読めば読むほど驚きの内容になっている」という。
女性初の経団連副会長に内定した南場智子さんと、DeNAを卒業後に起業した岩崎由夏さん。新時代の企業と働き手の関係や女性がリーダーに就く意義について、一緒に考えます。
新しい時代のメディアの担い手になりませんか?記者・編集者の人材募集を行います。皆さまからのご応募お待ちしております。

LIFE

「普通でないなら、もう漫画家はやっていけない」 。そう思っていたという漫画家・細川貂々さんは、どう非定型発達の特性と付き合ってきたのか?
前向きな気持ちで、でもたまにピリッと。「9.5割ポジティブ」をモットーに、2021年上半期の全体運・愛情(恋愛)運・仕事運を占います。
2021年4月16日(日)01:59まで開催中!ストック買いにオススメな日用品などをご紹介します。新生活の強い味方にも!
SDGsで世界をリ・デザインする

ハフポスト日本版が考えるSDGsについてまとめました

詳しく読む

SDGSで世界をリ・デザインする

トイレットペーパーの主力だった1個約50メートル(紙が二重のダブルは半分)の生産を打ち切り、長さが1・5~3倍の「長巻き」に集約した。
カゴメは中国大陸部に一部商品を輸出しているが、売り上げ比率は2020年末時点で0.4%と少ない。
新疆ウイグル自治区での強制労働について「我々は政治的に中立だ」としてコメントしなかったユニクロ。中国という巨大なマーケットにおける経済成長と、人権のどちらを優先するのかーー。企業はどう対応すべきなのでしょうか。
スターバックスでは1年間に約70億個の使い捨てカップを使用、その多くは埋め立て地へ送られるという。韓国の店舗では2018年に世界で初めてプラスチック製ストローの使用を廃止。
4月13日(火)21時〜22時、ZOOMにて開催。記事下のリンクから、ぜひご応募ください。【締切:4月12日(月)正午】※募集を締め切りました
ジェンダーギャップ指数2021で日本は世界156カ国中120位。女性の「働く」をテーマにライブ配信やアンケート、Zoomランチ会を実施して見えてきた、変わるべき社会のポイントは?
青色LEDが実用化されたことで「光の三原色」がそろい、スマホのバックライトやLED照明にも繋がった。
女性や、若い男性に「教えてあげる」立場ではなく、同じ目線でニュースを考えていくために、ニュースを選ぶ人を多様化させなければ始まらない。疑問の声をきちんと吸い上げ、バージョンアップした報ステの姿を見せてください。
iOSの最新のベータ版で2つの新しい声を追加し、これまで「女性」の声が選択されていたデフォルトを廃止した。