EDITORS’ CHOICE

「自分という人間にそこまで自信を持てないし、自己評価は低めです」。ジェーン・スーさんによるインタビュー集『闘いの庭 咲く女』のなかでこう語る田中みな実さん。いかにして、いまの場所に辿り着いたのか。
回答者のうち、「上司が理由で会社を辞めたいと思ったことがある」人は約7割に上りました。
43人が犠牲となった長崎県の雲仙・普賢岳の大火砕流の発生から6月3日で32年。未曾有の火山災害を忘れないため、当時の様子を写真で振り返ります。
同性カップルが結婚できないのは違憲と名古屋地裁は判断。原告の鷹見彰一と大野利政さんは「みんなで一緒に闘ってきた裁判だ」と感謝を伝えました

VIDEO

PROJECT

「未来を作る、自分になりたい」始めます。もっと多くの「つながり」を生み出し、私たちの手で未来を作るメディアに。
「女性が『なりたい自分になって人生を楽しんでいる』様子がわかる例が増えれば、それが常識になる。自分の人生を生きている女性の話が読みたい。ないなら、自分でやろうと始めました」
「絶対人は優しいです。大丈夫、冷たくない」女性議員が1人だけの街で、「移住者には絶対無理だよ」と言われながら挑戦した一人は、未来の候補者の背中をそっと押した
【イベント開催】組織開発の専門家・勅使川原真衣さんを招いたワークショップを5月26日(金)18時半から開催します。参加無料。

LIFE

平成30年は西暦2018年、令和元年は西暦2019年です。元号を西暦に変換する早見表とともに、和暦(元号)⇄西暦へ簡単に変換できる計算のコツを紹介。「昭和(平成)は何年まで?」もわかります。
台湾の伝統的なスイーツ「芋圓(ユーユェン)」が自宅でも作れる!JA全農がさといもを使ったレシピを公開して話題
台風2号は「マーワー」。マレー語で、“ある花”の名前を表す言葉だった。
暑くても快適、リーズナブル、そしておしゃれに。わがままな願いをかなえるコーデ術をご紹介します。

SDGsで世界をリ・デザインする

ハフポスト日本版が考えるSDGsについてまとめました

詳しく読む

SDGSで世界をリ・デザインする

実は、ファッション業界は「世界第二の環境汚染産業」とされている。生産側だけでなく、消費者の私たちには何ができるのか。
「およそ実効性を期待できないばかりでなく、むしろ外国人の人権侵害を助長し、さらなる国際的な批判を招くおそれがある」
「学校側の無理解や杓子定規な対応によって、子どもたちが自らのルーツや自分自身に否定的な思いを抱いてしまうこともある」(林純子弁護士)
審議会では「きちんとした調査をすれば起こり得ない差だ」「都民に納得いただけない」などの指摘もあったが、「誤りはない」として再審査をしないと決定した
立法事実が揺らいでいる入管法改正案。「統計的に代表性を欠いた参与員の意見をベースに法改定の議論を進めることに対して、一旦立ち止まることが必要ではないか」との指摘も上がっている。
ハフポスト日本版Client Partnershipsから、10周年企画の協賛メニューのご紹介です。広告に関するお問い合わせもこちらのページから。
神宮外苑の近くで子育てをする保護者らが、事業者の一つであるJSC(独立行政法人日本スポーツ振興センター)に、説明会の開催を求めました
エマ・ワトソンの方に顔を向けて微笑むショットは、確かにトム・フェルトンに似ている...?姉弟で、カーボンニュートラルのジンブランドを設立した。
難民支援に当たる市民団体などが連名で発表した声明では、政府の入管法改正案が「多くの人の命や人権を脅かす、重大な問題を含んでいる」と指摘している。
「昆明・モントリオール生物多様性枠組」に賛同するのであれば、優先すべきは移植や植樹ではなく、開発の中止を含めた事業全体の再検討だ