EDITORS’ CHOICE

ロマンチックな別れを歌っていると思われていたビートルズの「イエスタデイ」。本人も気づかなかったという曲の意味をポール・マッカートニーさんが語りました
昼は「金融エリート」、夜は「女装」という経歴を持つ肉乃小路ニクヨさん。若い頃は投資で失敗したことも…。投資初心者が気を付けるべきこと、投資への向き合い方を聞いた。
「ソフト君」は「ガリガリ君」のいとこ。乳成分をたっぷり含み、リッチで濃厚な味わいが特徴だ。
前向きな気持ちで、でもたまにピリッと。「9.5割ポジティブ」をモットーに、2024年2月26日〜3月3日の全体運・愛情(恋愛)運・仕事運を占います。

VIDEO

PROJECT

ビジネスの最新キーワード「ウェルビーイング」を徹底解説。世界・日本の最新事例や潮流、人的資本経営との関係、なぜ注目されているのか、指標や歴史が全てわかります。
一見すると軍事や植民地と関係がないように見える民間企業であっても、ジェノサイドや植民地化に加担してしまうリスクが高いという。
紛争や迫害から日本に逃れてくる人々を難民として受け入れ、共に働き、共に生きていく日本社会を作るために。日本のビジネスリーダーと企業が、新しい取り組みをスタートしました。
地球温暖化の影響は、日本の雪山にも少しずつ影響を及ぼし始めています。気候変動から「冬を守る」活動をする、スキーヤーやスノーボーダーの団体「POW(Protect Our Winters Japan)」を取材しました。

LIFE

「ゴミ清掃芸人」として知られるお笑いコンビ・マシンガンズの滝沢秀一さんの投稿が話題。同僚の清掃員が「辛い粉が目に入った。いたーい!」と突然叫んだそう。何があったのでしょうか。
「〇〇のチッケムが公開」「伝説のチッケム」…いったいどんな意味?ファンカム、推しカメラとの違いはある?
バレンタインジャンボ宝くじが2024年2月14日、全国で一斉に発売されました。いつまで買える?当選金額は?
激しい暴力が当たり前だったという家庭で、両親の間の暴力は次第に子どもたちに向けられるようになった

SDGsで世界をリ・デザインする

ハフポスト日本版が考えるSDGsについてまとめました

詳しく読む

SDGSで世界をリ・デザインする

ロヒンギャ難民や無国籍問題について、子どもたちにも知ってほしい。そんな思いで、日本で暮らすロヒンギャの女性が、料理教室で「ふるさとの味」を伝えました。
まるで絵本のような魅惑的な写真。写真家は「希望になってほしい」と伝えています
アンミカさんは、今は着れなくなった当時の服を「あるもの」にアレンジするようです。
ゴミ清掃芸人として知られるお笑いコンビ・マシンガンズの滝沢秀一さんが、昇華転写紙の捨て方を発信。古紙リサイクルとして出すと大量の再生紙に被害を及ぼすのです。その理由とは…
農林水産省が、感染すると家畜に甚大な被害をもたらすアフリカ豚熱(ASF)への警戒を強めています。
岸田文雄首相は1月30日の施政方針演説で、ライドシェアについて「4月から実装されるよう制度の具体化と支援を行う。施策の効果を検証しつつ、法制度について6月に向けて議論を進める」と述べました。
大葉を2週間保存させる最強ライフハック、これは使えるやつ!
「母親が子どもなしで旅行したり、夜に外出したりすると、人々は『誰が子どもを見ているの?』と聞きますが、父親には聞かないですよね」