EDITORS’ CHOICE

30人を超える性的マイノリティの原告らが、結婚の平等を求めて国を訴えている裁判。11月30日に3件目の判決が言い渡されます
「興味深いことに、娘は最も機密情報にアクセスできる立場だったのに拘束されていない」
政治のジェンダーギャップの解消を目指し、女性の選挙立候補を支援する『FIFTYS PROJECT』。立候補をめざす女性たちが集まり、選挙のノウハウを学び、思いを語り合う会合がありました。
「一般的な日本人の人にとって難民の問題は非常に遠い」。記者発表で、柳井会長はこう切り出した。

ハフライブ / VIDEO

PROJECT

11月のハフライブでは、社会や個人がSDGsと向き合うために欠かせない視点について、「気候変動(環境)」「多様性(社会)」「豊かさ(経済)」という3つのテーマでお届けします。
COP27の開催地エジプトで「Fridays For Future(FFF)Japan」のメンバーたちが、現地で出会ったアクティビストを直撃取材しました。
ウィシュマさんの遺族が起こした裁判で、ようやく国側は監視カメラ映像の提出に応じることになった。真相の解明に、なぜこの映像が不可欠なのか。その理由を解き明かす。
アフリカでは、若者のほぼ半数が「気候変動のために子どもを持つことを考え直した」と回答したという。

LIFE

「これはいいライフハック」「在宅のとき冷えて仕方ないからやってみよかな」といったコメントが寄せられています👀
男性は一般的に、育児に対して批判されることはもちろん、子どもについて聞かれることすらほとんどない。
いくつものイヤホンを試してきたガジェット好きの筆者がピックアップ!
ハフコレ編集部

SDGsで世界をリ・デザインする

ハフポスト日本版が考えるSDGsについてまとめました

詳しく読む

SDGSで世界をリ・デザインする

様々なビジネスが立ち上がる中で、「何が(本当の)ソーシャルグッドなのか」という議論が生まれています。ソーシャルグッドの現在地と未来を、識者が語り合いました。
SDGsを理解するために欠かせないワードを一言で紹介します。
「グリーンローソン」では、アバターやロボットによる接客を導入。食品ロスゼロ、プラスチック削減を目指す取り組みなど、サステナブルなコンビニを模索しています。
社会課題の解決をビジネスとして確立させるためには、何が必要なのか。SDGsの社会実装に向けた「ザ・ソーシャルグッドアカデミア」、第1回目の議論をお届けします。
企業の商品やサービスを表彰する「ウェルビーイングアワード」をHakuhodo DY Matrixと朝日新聞社、SIGNINGが開催。記念ウェビナーが開催された。
SDGsを理解するために欠かせないワードを一言で紹介します。
「服屋として何ができるか」。ユニクロなどを運営するファーストリテイリングの柳井正会長は、この支援にあたりそう考えたと話した。
SDGsを理解するために欠かせないワードを一言で紹介します。
SDGsを理解するために欠かせないワードを一言で紹介します。
SDGsを理解するために欠かせないワードを一言で紹介します。