これからの経済

TikTokの動画には、「日本は未来を生きている」「天才」「お願い!この技術を持ち帰って!」などのコメントが寄せられた。
バスケットボール・八村塁選手が所属するNBA「ワシントン・ウィザーズ」の担当記者が、日本に来て「見つけた商品」とは?
開催前と比較して販売着数が約1.2倍と好調な売り上げを示している。
2022年4月からは、男女ともに育休取得をめぐるルールが大きく変わることになります。
中尾慎太郎CFO(最高財務責任者)は、「(緊急事態)宣言下、まん延防止等重点措置の中でも営業を続けた結果だ」と話した。
電設資材事業で世界市場4000億円の売上を目指すパナソニックーー。その成長に見る、日本企業のグローバル展開成功のカギ。インド工場における、現地社員の育成によるモノづくり改革、質の高い託児所設置…松下幸之助の哲学が、世界で受け入れられる理由とは。
PRESENTED BY パナソニック
増加する自然災害、縮まらないジェンダーギャップ…社会の課題は山積みだ。SDGs達成のために、広告には何ができる?popIn株式会社の西舘亜希子さんと、SDGsの日本語コピーを開発した博報堂の井口雄大さんと考えてみた。
PRESENTED BY popIn
「現代の奴隷」とも称される外国人技能実習制度。人権侵害の温床とされ、厳しい目が向けられています。
従業員が、性別、人種、性的指向、さらには服や音楽の趣味といった付随的な属性に関係なく、十分に満足していられる文化を作るにはどうすればいいだろうか。
「本来あるべき理想や、大事にしたい想いを盛り込んだこれまでにない施設です。」商業施設「VISON」は、地方創生モデルとなり得るのか?VISONプロジェクトを立ち上げた立花哲也さんに話を聞く。
PRESENTED BY Rethink PROJECT