hero image
SDGs
「SDGsとは何か?」「SDGsバッジ」「日本企業の取り組み」「ESG投資」など、わかりやすく解説

ハフライブ

「日本は豊かな海に囲まれた国だ」と思っていませんか?しかし、このままでは日本の食卓から魚が消えてしまうかもしれません。

SDGs関連ニュース

4月20日からリサイクル素材を使用したコースターや繰り返し使えるビーンバッグなど3つのグッズが販売されます。
日本のエネルギー自給率はわずか11.8%。ロシアによるウクライナ侵攻によって、改めて海外にエネルギーを依存する危うさが浮き彫りになっている。そんな中、現在注目されているのが地熱資源の活用だ。
若い世代からも注目が集まっている釣りが「サステナブルなレジャー」になるためには? マナーと環境問題の視点から考えてみた。
PRESENTED BY 日本釣用品工業会
クライメートクロック(気候時計)を知っていますか?産業革命前と比べた世界の気温上昇を1.5度までに抑えるために残された時間を示すといわれる時計です。東京・渋谷に設置しようとクラウドファンディングに乗り出した若者たちがいます。なんだか楽しそう。そのわけは?
「インパクト志向金融宣言」に金融機関21社が署名。「宣言だけで終わりとするのではなく活動を通してインパクト投融資を発展、進化させていくためのプラットフォームとしていきたい」 (松原稔・りそなアセットマネジメント責任投資部長)
クロアシイタチは夜行性で非常に恥ずかしがり屋な性格。近くのコロニーから抜け出してきたといいます。
NHKの討論番組で、3人の新人議員に「NO YOUTH NO JAPAN」代表理事の能條桃子さん、政治学が専門の東京理科大学講師・松本朋子さんが問いかけた
市民参加型のサーキュラーエコノミーは、一歩進む心意気と仲間さえいればどんな地域でもできます。まずは身近な食という切り口から自分自身や周囲がどんな選択をすれば地域の最適な循環を生み出すかを考えてみませんか?
COP26の現場に入っている「Fridays For Future(FFF)Japan」のメンバーたちが、現地で出会った各国の若いアクティビストを直撃取材。日本へのメッセージを聞きました。
環境問題にも積極的に取り組んでいます。
環境問題に関する発信を続けるエマ・ワトソンは、ファッションでもその思いを示します。