SDGs

「SDGs(エスディージーズ)」という言葉を、最近よく耳にするようになった人も多いのではないでしょうか。SDGsとは、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称で、国際社会が2016年から2030年までに達成すべき17の目標です。SDGsの報道に力を入れてきたハフポスト日本版が、「SDGsとは何か?」「SDGsバッジ」「日本企業の取り組み」「ESG投資」など、わかりやすく解説します。
「働きがい」とは何か。意外と言葉で説明するのは難しいかもしれない。コンカーの三村真宗社長は「働きがい」には3つのポイントがあるという。
「そんなキレイゴトでビジネスが回るのか?」「働く個人と、投資のマクロトレンドにどんな関係があるのか?」そんなギモンを入り口に話し合います。
SDGsによって、多くの企業や働く人にとって、気候危機などの環境問題が「自分ごと」になりつつある。ただ、もしかしたらそれは不十分なのかもしれない。それは「塩と水しか口にしない」ほど切実なことだということを、小野さんとeriさんのアクションは、私たちに突きつけている。
SDGs達成度ランキングで上位に位置するデンマークで、持続可能な成長に向けた様々な取り組みを行っているカールスバーグ社。日本でも有名なビールメーカーがどのような姿勢でSDGsの達成に向けて動いているのか、紹介してみたい。
英国の人権団体が世界のアパレル系企業64社を調査。グローバル企業にとって、「ビジネスと人権」は市場競争力の大きな要素となっています。
2018年に官民で設立された「世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター」。経済産業省から出向し、そのリーダーを務めるのが、須賀千鶴さんだ。
【加藤藍子のコレを推したい、第10回】『着飾る恋には理由があって』の真柴くるみには、キラキラしたところもカッコ悪いところも、強いところも弱いところも、色々ある。とにかく色々あり過ぎる私たちそのものなのだ。
どうしたら女性の候補者を増やせるのか?超党派の勉強会で、各政党が抱える課題の「洗い出し」が始まった。
セルビアのバレーボール選手が、タイチームとの試合中に「つり目」をした問題。アジア系を侮辱する仕草であり、批判を受けていた。国際バレーボール連盟が処分を発表した。