Woman

仕事で成果を出して、良い妻で、母で――。そんな「完璧」な存在を目指さなくたっていい。
市教育委員会の戸谷敦司・学芸員は「女性に伝統的な美を守らせたいという、当時の価値観を示すとみられる貴重な資料」と話している。
シミ、お腹のたるみ、毛深い身体...。「ありのままの身体を好きになろう」という考え方に憧れつつ、「そうは言っても」とどこか斜に構えてしまう。どうしたら自分の身体を本当に好きになれるのだろう?
日本の子育て期の女性は、平均約7時間半を家事・育児に取られている。それは、1人で2人分の仕事をしているに等しい。
発表では「人権の尊重される社会の実現に貢献する女性の育成に努めることが本学の使命」と説明。トランスジェンダー女性を受け入れる女子大は、徐々に増えつつある。
フロリダ州で、19歳の女性活動家が遺体で発見された。女性は「Black Lives Matter」の抗議活動で注目を集めていた。
堀江氏は「女性の社会進出の手助けになれば」と話しているが、本当に女性の働き方を改革したいと考えているのであれば、他に優先すべきことがあるのではないか。
大阪市東淀川区で、子育てに悩む親の心に寄り添うためのランチ会をNPO法人が続けてきた。活動継続のため、クラウドファンディングで支援を呼びかけている。
「自分が綺麗と思えばそれは綺麗だと思うし、可愛いって思えば可愛いと思うし、人と比べるようなことではないんじゃないかなって思ってます」
どんな場合であっても、「ハラスメントをしていい理由」は絶対にない。ライター・吉川ばんびさんのメッセージです。