Woman

民放のテレビ番組で、「女性専用車両」に関するネガティブなエピソードを伝える企画が相次いでいる。
歴史的に男性スタッフにより支配されてきたメジャーリーグだが、少しづつ女性の雇用を進めている。
ニュージーランドのアーダーン首相からは「前例がないことする時には批判はつきものだが、最初の人はそういうものだから、乗り越えて頑張って」とアドバイスを受けたという。
今回の任命はフランシスコ教皇の方針を反映したもので、教皇は元日のミサで女性の果たす役割の重要性を強調していたという。
小泉進次郎環境相が通算2週間の育休取得を表明。かつて、フィンランドやイギリスでは、男性首相が育休を取得したことで、国内の男性の育休取得率が大きく伸びた経緯があります。
「ブランドがかぶり、どちらが新作かなどのマウントの奪い合い」など、女性同士のトラブルの内容を4枚のイラストで紹介していた。
「TBS NEWS」のTwitter公式アカウントにアップされた動画の中で、「『女子アナ』と呼ばれること」について自身の意見を語りました。
既存の制度ではどういった点が不十分なのか。検討会座長・堀千鶴子さんに聞いた。
「私は、選択肢が存在する社会に生きていられることに感謝しています。なぜなら、女性や女の子の体には、自らの選択ではない事が起こることがあるからです」
「子どもは3人」「美人じゃないけど」…。あの発言、覚えてますか? _
自分にぴったりな相手と幸せになりたいなら、大多数から「モテる」ために自分を偽ることは遠回りだと思うのです。
ワークライフバランスは、デンマークの大多数の人々にとって非常に重要なテーマであり、これを完全に個人の問題として扱うことはない。そして、そもそもこれは女性だけの問題でもない。
伊藤詩織さんが、元TBS記者の山口敬之さんから性行為を強要されたとして慰謝料1100万円の損害賠償を求めた民事訴訟。
女子教育と識字教育に力を入れる認定NPO法人「ルーム・トゥ・リード・ジャパン」の事務局長、松丸佳穂さんに話を聞いた。
ニューヨークの国連本部で日々世界の課題と向き合う中満さん。外から見た日本の課題や強みについて聞いた。
職場でのセクハラが嫌だった私。テレビ局を辞めて、女性記者たちと一緒に考えた。