hero image
「これから私がやろうとしていることに最も相応しい言葉は、おそらく進化でしょう。テニスから離れ、自分にとって大切な他のことのために進化していきます」

Woman 記事一覧

部活の女子マネージャーの実態調査で、差別やハラスメントの実態が判明した。専門家は「男女で役割を固定化せずに『選択肢』を増やしていくことが大切」と話す。
年齢も性別も職業も国籍もさまざまな人々が暮らし、利害関係や矛盾を多くはらむ地域社会。誰もが暮らしやすいまちをどうやって実現すればよいのでしょうか。
『セイント・フランシス』で主演・脚本を務めたケリー・オサリヴァンが、「100%の確信で中絶を決める」女性の物語を描いた理由。
マタイ効果とは、条件に恵まれた者は優れた業績を挙げることでさらに条件に恵まれるという現象をいう。映画作りを学ぶ教育の場においても、常勤教員は男性が100%を占める学校が多数ある。
岸田文雄首相は8月10日、改造内閣を発足させた。閣僚ポストのうち、女性は2人だった。
女性の政治参画への高いハードルが課題となる中、「パブリックリーダー塾」のプロジェクトは、“普通の女性たち”が政治家になることを後押しする試みだ。
UEFA欧州女子選手権で優勝したイングランド代表のスポーツブラ選びを支えたジョアンナ・ウェイクフィールド=スカー教授が、スポーツブラの重要性や選び方を教えてくれた。
【グローバルユースインタビューVol.3】環境問題とジェンダー不平等に同時に声を上げるチリの活動家、カタリナ・サンテリーセスさんにお話を聞きました。
21歳でモデルとしてデビュー、38歳で長男を出産、ハワイに拠点を移した後もモデルとして活動を続けてきた梨花さん。「ありたい私」とどう向き合って歳を重ねてきたか、子育てがもたらしたもの、パートナーシップについても聞いた。
「15歳の時、男性フォトグラファーから下着を外してトップレスになるよう求められた」ケイト・モスは不安を感じ、撮影前に精神安定剤を飲んだこともあるという。
「満たされている女性」は、結婚して子どもがいる女性に限らない。独身でピザとシャンパンを楽しむ女性も、同様に満たされているのだ。【2022年 上半期回顧】