政治

自民党の二階俊博、立憲民主党の福山哲郎両幹事長が国会内で会談し、二階氏が、立憲が要求した修正案を与党が受け入れることを伝えた。
下村氏は、今の憲法は占領下で制定されたため緊急事態に関する規定が衆院解散時の参院の緊急集会しかないとし、「独立後も70年改正されず時代の変化に対応できていない」と主張した。
自民党の議員グループは、児童虐待や不登校、教育格差など子どもに関わる政策を一元的に担当する専門庁を設けることを求めています。
「過去からの性別役割分担意識の積み重ねで『今』があり、結果として決定権のある立場に女性が少ない。アンコンシャス・バイアスにより、立候補にも壁がある。まずは、数を一定数増やすための施策が必要です」
日本の「政治とジェンダー」の現在地と世界を比較。なぜ政治の場に女性が参加しにくいのか。その弊害は?
政治分野のジェンダーギャップで世界の水準から大きく後れをとる日本。各政党の女性活躍の状況や対策について、アンケートを行いました。
自民党が、選択的夫婦別姓制度を議論する作業チームを設置する。座長には石原伸晃元幹事長が就き、男性4人で論点をまとめると報じられている。