イベント
2016年01月13日 00時20分 JST | 更新 2016年01月13日 00時23分 JST

「ノーパンツデー」世界中で不思議な人々が目撃される(画像)

寒くないの?

今月10日、ニューヨークシティから東京、マドリッド、そしてモスクワなど世界中から数万の人々が、あるミッションのために勇敢に鉄道駅に降り立った。そのミッションとは、「パンツ(ズボン)をはかずに公共交通機関に乗車すること」だ。

この「パンツをはかずに地下鉄に乗ろうよ運動(No Pants Subway Ride)」は、名前のとおり、他の乗客が冬服を着飾っているなか、下着姿で列車に乗車するというもの。

ニューヨークを拠点とするいたずら集団「インプルーブ・エブリウェア」が始めたもので、今回で15回目となった。

「参加者はコート、帽子、スカーフ、手袋など、全てを身に着けているかのように振る舞うのです」と、同集団は公式サイトで説明する。

「1つだけいつもと違うことと言えば、パンツをはいていないことですね」。

このグループによると、今年のイベントには25カ国を超える60都市以上から参加者が集まったそうだ。

以下は、今月10日のいたずら心たっぷりの写真たちである:

#London ノーパンツサブウェイライド2016

#Tokyo ノーパンツサブウェイライド

#Moscow ノーパンツサブウェイライド

ユニオン駅、ロサンゼルス

ユニオン駅、ロサンゼルス

ブカレスト、ルーマニア

ニューヨークシティ

ニューヨークシティ

プラハ、チェコ共和国

プラハ、チェコ共和国

ユニオン駅、ロサンゼルス

ニューヨークシティ

プラハ、チェコ共和国

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Photo gallery 世界のノーパンツデー See Gallery