12月23日って、何の日?休みのイメージもあるが、令和においては平日です

元日まで祝日はありません。

2020年もあと25日となりました。

突然ですが、「12月23日」といえば何の日でしょうか?

年の瀬の忙しい時期にある祝日というイメージの方もまだ多いのでは。

しかしそれは平成まで。令和においては平日です。

12月23日は上皇陛下の誕生日に当たるため2018年までは「天皇誕生日」として国民の祝日となっていました。

内閣府によると、退位されたことに伴い、国民の祝日に関する法律が一部改正され、令和では天皇誕生日が2月23日になったのです。

すでに2019年の12月23日は平日でしたし、2020年の2月23日は祝日でした。

2020年も、12月23日は平日です。

11月23日の勤労感謝の日を最後に、元日まで祝日はありません。

ちなみに、明治天皇と昭和天皇の誕生日は、それぞれ崩御後に「昭和の日(2006年までは「みどりの日」)」(4月29日)と「文化の日」(11月3日)として祝日に。一方、大正天皇の誕生日(8月31日)は、現在は祝日にはなっていません。