「流行語大賞」歴代の受賞ワードは?社会現象となったあのドラマのセリフも【一覧】

スポーツ選手の名言や、人気ドラマのセリフも。時代を映す「新語・流行語」の大賞に選ばれたことばを、一挙に紹介します。
新語・流行語大賞
HuffPost
新語・流行語大賞

1年の間に流行した様々な「ことば」の中から、世相を衝いた表現によって社会をにぎわせたワードが選出されるユーキャンの「新語・流行語大賞」。40回目となる2023年には、プロ野球で38年ぶりに日本一に輝いた阪神の岡田彰布監督が「優勝」を言い換えた「アレ(A.R.E.)」が大賞に選ばれました

過去には、どんな言葉が受賞したのでしょうか。「トップテン・年間大賞」方式になった第11回(1994年)から今回まで、「年間大賞」に選ばれたワードを一挙に紹介します。

【年間大賞・一覧

第11回 1994年

「すったもんだがありました」宮沢りえさん

「イチロー(効果)」鈴木一朗さん

「同情するならカネをくれ」安達祐実さん

第12回 1995年

「無党派」青島幸男さん

「NOMO」野茂英雄さん

「がんばろうKOBE」仰木彬さん

第13回 1996年

「自分で自分をほめたい」有森裕子さん

「友愛/排除の論理」鳩山由紀夫さん

「メークドラマ」長嶋茂雄さん

第14回 1997年

「失楽園(する)」渡辺淳一さん、黒木瞳さん

第15回 1998年

「ハマの大魔神」佐々木主浩さん

「凡人・軍人・変人」田中真紀子さん

「だっちゅーの」浅田好未さん、西本はるかさん

第16回 1999年

「雑草魂」上原浩治さん

「ブッチホン」小渕恵三さん

「リベンジ」松坂大輔さん

第17回 2000年

「おっはー」慎吾ママさん

「IT革命」木下斉さん

第18回 2001年

「米百俵/聖域なき改革/恐れず怯まず捉われず/骨太の方針/ワイドショー内閣/改革の『痛み』」小泉純一郎さん

第19回 2002年

「タマちゃん」佐々木裕司さん、黒住祐子さん

「W杯(中津江村)」坂本休さん

第20回 2003年

「毒まんじゅう」野中広務さん

「なんでだろう~」テツ and トモさん

「マニフェスト」北川正恭さん

第21回 2004年

「チョー気持ちいい」北島康介さん

第22回 2005年

「小泉劇場」武部勤さん

「想定内(外)」堀江貴文さん

第23回 2006年

「イナバウアー」荒川静香さん

「品格」藤原正彦さん

第24回 2007年

「(宮崎を)どげんかせんといかん」東国原英夫さん

「ハニカミ王子」石川遼さん

第25回 2008年

「アラフォー」天海祐希さん

「グ~!」エド・はるみさん

第26回 2009年

「政権交代」鳩山由紀夫さん

第27回 2010年

「ゲゲゲの~」武良布枝さん

第28回 2011年

「なでしこジャパン」財団法人日本サッカー協会

第29回 2012年

「ワイルドだろぉ」スギちゃんさん

第30回 2013年

「今でしょ!」林修さん

「お・も・て・な・し」滝川クリステルさん

「じぇじぇじぇ」宮藤官九郎さん、能年玲奈さん

「倍返し」堺雅人さん、TBS日曜劇場『半沢直樹』チーム

第31回 2014年

「ダメよ~ダメダメ」日本エレキテル連合

「集団的自衛権」受賞者辞退

第32回 2015年

「爆買い」羅怡文さん

「トリプルスリー」柳田悠岐さん、山田哲人さん

第33回 2016年

「神ってる」緒方孝市さん、鈴木誠也さん

第34回 2017年

「インスタ映え」CanCam it girl

「忖度」稲本ミノルさん

第35回 2018年

「そだねー」ロコ・ソラーレ

第36回 2019年

「ONE TEAM」ラグビー日本代表チーム

第37回 2020年

「3密」小池百合子さん

第38回 2021年

「リアル二刀流/ショータイム」大谷翔平さん

第39回 2022年

「村神様」村上宗隆さん

第40回 2023年

「アレ(A.R.E.)」岡田彰布さん

ホームページへ