NEWS
2015年04月10日 17時08分 JST

ロッキー山脈の巨大な地下要塞「シャイアン・マウンテン基地」が復活(画像)

半世紀以上も前にコロラド州のロッキー山脈の地下に作られたシャイアン・マウンテン空軍基地が約10年ぶりに再稼働することになった。

アメリカに残る冷戦時代の最大のシンボルのひとつが、約10年ぶりに再稼働することになった。

その最大のシンボルとは、半世紀以上も前にコロラド州のロッキー山脈の地下に作られたシャイアン・マウンテン空軍基地。アメリカ国防総省はこのシャイアン・マウンテン空軍基地の地下壕と司令部を改装して、再び使用することを決めた。

シャイアン・マウンテン空軍基地は、冷戦時代に北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)によって使われていた。人工衛星や核ミサイル、爆撃機の動きを見張っているNORADは、地下にあるシャイアン・マウンテン空軍基地からソ連が核攻撃をしかけてこないか監視していたのだ。

1983年の映画『ウォー・ゲーム』に登場したNORAD。この場面ではコンピューターのハッキングによって生じた「ソ連からの核攻撃」に緊急対応している。

しかし、冷戦後にアメリカ政府はロシアはもはや脅威ではないと判断。シャイアン・マウンテン空軍基地は2006年に閉鎖され、NORADは近くにあるピーターソン空軍基地に移転した。

しかし3月30日、アメリカ国防総省は約7億ドルを投じてシャイアン・マウンテンの施設を改装し、そこにアメリカ軍の精密通信機器を移転させると発表した。理由は、軍の精密通信機器を電磁パルス(EMP)による攻撃から守るためだ。強力な電磁波であるEMPには電子機器を破壊する威力があるとされる。

アメリカ北方軍のウィリアム・ゴートニー司令官は、「シャイアン・マウンテン空軍基地の構造がEMPの防御に適している」と、説明する

シャイアン・マウンテン空軍基地は、1960年代にロッキー山脈の地下に巨大なトンネルを掘って作られた。30メガトン級の核兵器による攻撃にも耐えるように設計されている。その存在は広く知られており、映画やテレビドラマなどにもたびたび登場している。なかでも有名なのは、1983年の映画『ウォー・ゲーム』だ。

再びスポットライトが当てられたシャイアン・マウンテン空軍基地を、画像とともに紹介しよう。

この記事はハフポストUK版に掲載されたものを翻訳しました。

[日本語版:水書健司/ガリレオ]

Photo gallery グアンタナモ米軍基地 See Gallery

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています