「防空頭巾の女が海中にひきずりこんだ」という怪奇体験は事実ではなかった。36人死亡の中河原海岸水難事故の生還者が明かす

36人の水死は戦争被害者の霊の仕業なのか? 女性週刊誌に掲載された「手記」の真相が50に明かされた。
|
朝日新聞1955年7月28日夕刊より
朝日新聞1955年7月28日夕刊より
朝日新聞社

1955年7月28日。天気は快晴で波も穏やか。三重県津市の中河原海岸は海水浴に絶好の日だった。橋北(きょうほく)中学校では例年通り、夏の水泳訓練を実施していたが、突然発生した高波によって中学生36人の命が失われた。

この凄惨な水難事故から8年後、女性週刊誌に載った生存者の手記がきっかけとなり、「防空頭巾の女達が海中にひきずりこんだ」という怪奇体験が広く知られることになった。水難事故のちょうど10年前の1945年7月28日には津市への空襲があり、戦争被害者の霊の仕業とささやかれた。

しかし、その怪奇体験は事実ではなかった。後に明らかになった「生還者の手記」の真相を明らかにしよう。

■岸から約10メートルで起きた凄惨な事故

この日は全学年600人以上が参加していたが女子グループの43人が高波にさらわれた。7人は意識が回復したが36人が帰らぬ人となった。

朝日新聞1955年7月28日夕刊は、以下のように報じている。

<遭難者の大半は一年生の女生徒で最後の能力テストのため各班ごとに海へ入っていたもの。遭難者は泳げない組で岸から約10メートルのところでジャブジャブやっていたところ、突然高波が襲いかかり、足を波に奪われてあわてて救いを求め、先生の身体にしがみつくもの、手をあげて沈んでゆくものでしゅら場となり、他の組で泳いでいた先生もかけつけて次々に救い上げた>

岸からわずか10メートルの場所で起きた凄惨な事故。事故原因は未だにはっきりしていないが、遠浅の海岸に発生しやすい「離岸流」という自然現象が事故原因とも考えられている。岸から沖へ向かって流れる海水の流れのことで、その流速は毎秒2メートルに達する場合もあるという。

中河原海岸は遠浅だが、付近の安濃川から水が流れ込むことによってできた深みが数カ所あった。事故が起きた時間は満潮に近くなっていたため、浅瀬から深みに向かって一気に水が流れた可能性がある。

■生存者の手記を女性週刊誌が掲載。「防空頭巾の女に襲われた」という都市伝説が広まる

事故後まもなく、地元では戦争被害者の霊の仕業ではないかと推測する声が出ていたようだ。水難事故のちょうど10年前の1945年7月28日には津市への米軍の空襲があったからだ。

都市伝説が広まった直接的なきっかけは事故の8年後に出た週刊誌の記事だった。事故から生還した元生徒の手記が、「女性自身」1963年7月22日号に掲載された。それは身の毛もよだつ怪奇体験だった。

<「弘子ちゃん、あれを見て!」私のすぐそばを泳いでいた同級生のSさんが、とつぜん私の右腕にしがみつくと、沖をじっと見つめたまま、真っ青になって、わなわなとふるえています。その指さすほうをふりかえって、私も思わず、「あっ!」と叫んでSさんの体にしがみついていました。

私たちがいる場所から、20~30メートル沖のほうで泳いでいた友だちが一人一人、吸いこまれるように、波間に姿を消していくのです。すると、水面をひたひたとゆすりながら、黒いかたまりが、こちらに向かって泳いでくるではありませんか。私とSさんは、ハッと息をのみながらも、その正体をじっと見つめました。

黒いかたまりは、まちがいなく何十人という女の姿です。しかも頭にはぐっしょり水をすいこんだ防空頭巾をかぶり、モンペをはいておりました。夢中で逃げようとする私の足をその手がつかまえたのは、それから一瞬のできごとでした>

この手記が元となり、中河原海岸水難事故といえば「防空頭巾の女性の霊が引き起こした」という怪奇体験が広まった。恐怖を募らせる再現ドラマがテレビで流れたほか、漫画や映画の題材にもなった。

■しかし実際には……。54年後に明かされた「真相」

この週刊誌の記事について、実に54年後になって新たな証言が報じられた。それが、2017年9月16日に放送されたNHKの番組『幻解!超常ファイル File-22「戦慄の心霊現象 追究スペシャル」』だった。先ほどの女性自身に手記を寄せたという女性が、カメラの前で「真相」を語ったのだ。

女性によると、週刊誌の記事は実際には手記ではなく、インタビューを受けて記者が再構成したものだったという。その上で以下のように振り返った。

「亡霊とかそういうのは、私は全然見てません」

「いつものように(海に)入ってたら、急にSさんが溺れたんです。その人が溺れたので、私は助けようと思って一生懸命こっち引っ張ったんだけど、そうしてるうちに私までがだんだん引きずり込まれて一緒になって溺れそうになったので、そうしたらズルズルズルと、そこのくぼみの中へというか、深みの中にずっと入っていた……そういうのはお話しました」

「足を引っ張られたかどうかというのを(当時の取材時に)言われたときに、『一緒に溺れた人が引っ張るんかな?』と言うたと思うんです」

「誰でもそのときは『わらをも掴む』話じゃないけど、それで掴んだのかなと。今言ったお話と同じことを言っただけです。だから(記事になった)後のことは『えーっ』っていう感じ。『週刊誌になるとこういうことになるんやねー』と」

番組中での女性の証言によると、週刊誌の記事は事実とは異なるものだったのだ。女性が一緒に溺れた友人に足を引っ張っられたように感じたと女性週刊誌のインタビューで証言したところ「防空頭巾の女たちが足を引っ張った」と脚色されて記事になってしまったのだという。

広く知られていた「津市の海岸での怪奇体験」の呆気ない真相だった。

【参考文献】