アートとカルチャー
2021年12月11日 18時05分 JST | 更新 2021年12月11日 19時16分 JST

年齢で「線引きなんてしなくていいっしょ」。打首獄門同好会junkoさんの衣装にSNSで大反響。

インパクトのある写真で伝えてくれました

「年齢で服装を制限する必要はない」

そんな力強いメッセージが伝わってくるような、人気バンド「打首獄門同好会」のTwitterの投稿が大きな反響を呼んでいます。

「打首獄門同好会」のTwitterは12月10日、青い色のトップスにショートパンツ、腕や髪にカラフルな飾りを身につけたjunkoさん(ベース・ヴォーカル)の写真を投稿しました

「20や30でガチガチ線引きなんてしなくていいっしょ ウチの60代なんて何の予告もなく突然この衣装着てくるんだぞ」とのメッセージも綴られていました

 

Twitter/@uchikubigokumon
打首獄門同好会のTwitterより

Twitterのプロフィール欄には「ギターヴォーカル・大澤がつぶやいてるみたいです」とあり、大澤敦史さんの投稿と見られます。

この投稿は、「他人の服装に口を出すことがナンセンス」という共通認識が広がってほしいとの考えを綴った、Twitterユーザーのメッセージを引用したもの。一定の年齢を越えて肩を出した服装を着ると「痛い」と見られる、というTwitterで広がった女性の服装をめぐる議論に対する意見のようです。 

junkoさんのインパクトのある写真と、「ガチガチ線引きなんてしなくていい」というメッセージに対して、「何歳で何着ても良いって事よ」「自分の好きなファッションを楽しんでるのがかっこいい」「本人が着たい‼︎が1番正しいですよね」などと共感する声が広がっています。

11日時点で3万5千以上の「いいね」がつきました。

Kaori Nishida / HuffPost Japan
(右から)打首獄門同好会のjunkoさん、大澤敦史さん、河本あす香さん

打首獄門同好会は、「生活密着型ラウドロック」と称する独特のスタイルで、武道館ライブも成功させた人気バンド。

2018年末には、激しいステージングで沸かせるjunkoさんが還暦を迎えたことを明かして世間を驚かせ、「生涯ギャル」を宣言して話題となりました。

junkoさんは2021年11月にも「2年先もギャルしてられるように頑張ります」とパワフルな姿を自身のTwitterで投稿していました。