マッチングアプリが1年で最も賑わう「デート・サンデー」って何?2023年は1月8日

その日には、マッチングアプリやサイトのダウンロードや登録数が絶対的に急増するという。
イメージ画像
alashi via Getty Images
イメージ画像

マッチングアプリで素敵な出会いを見つけたいなら、カレンダーに印をつけておくべき日がある。

1年のうち、マッチングアプリが最も賑わう「デート・サンデー」だ。2023年は、1月8日の日曜日がその日に当たる。

ほぼ毎年、Tinderのようなマッチングアプリや海外ではメジャーなOkCupidのようなマッチングサイトでは、1月の第一日曜日にダウンロードや登録数が絶対的に急増するという。

2023年の第一日曜日は1月1日だが、大晦日に遊びすぎた独身者たちは、この日はゆっくり過ごすだろうと見られている。

2022年1月の数字に基づくと、2023年1月のOkCupidでのアクティビティは、以下のように予測されている。

・5000万回以上の会話

・5億3000万件以上の「いいね!」

・4000万件以上のマッチング

2022年の「デート・サンデー」では、Inner Circleというマッチングアプリにおける独身者同士でのメッセージ送信数が190%も増加し、Tinderでは、1月のスワイプ(相手の写真を見て「いいね」か否かを選択する)全体の10%が「デート・サンデー」に行われたと報告している。

新型コロナ感染拡大以前の2019年のデート・サンデーには、Tinderで4400万件という驚異的な数のマッチングが成立した。

オンラインデートに関する専門家は、年始である1月は、多くの人にとって、目標を設定したり生活に変化を起こす時期であることを指摘した。

ハフポストUK版の記事を翻訳・編集しました。

ホームページへ
訂正の連絡はこちら