NEWS
2015年02月22日 20時41分 JST | 更新 2015年02月22日 20時45分 JST

坂東三津五郎さん死去 59歳、膵臓がんで

歌舞伎俳優の十代目坂東三津五郎さんが2月21日、膵臓(すいぞう)がんで死去した。59歳だった。

kabuki.ne.jp

歌舞伎俳優の十代目坂東三津五郎(ばんどう・みつごろう)さんが2月21日、膵臓(すいぞう)がんで死去した。59歳だった。 ORICON STYLEなどが報じた。

朝日新聞デジタルによると、坂東さんは2013年7月に膵臓の異常がみつかり、8月末から入院。9月に膵臓の悪性腫瘍と脾臓(ひぞう)を切除する手術を受けていた。2014年4月に舞台復帰したが、通院治療に専念するとして、12月の舞台を降板していた。

板東さんは、1956年に東京都で、先代三津五郎の長男として生まれた。新作歌舞伎、現代劇まで幅広く演じることで知られ、NHK大河ドラマ「功名が辻」やTBS系の「ルーズヴェルト・ゲーム」などテレビにも出演していた。

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

Photo gallery 2015年に亡くなった著名人 See Gallery