NEWS
2015年05月14日 23時16分 JST | 更新 2015年05月14日 23時20分 JST

ブルンジでクーデター? 軍が分裂し戦闘 5万人が伝染病の危機

アフリカ中部のブルンジで、ピエール・ヌクルンジザ大統領が3期目の立候補を表明したことを受け、軍少将がクーデターを宣言した。

SIMON MAINA via Getty Images
Burundian riot police run past a tire fire during a protest against the president's bid to cling to power for a third term in Musaga, ourskirts of Bujumbura, on April 28, 2015. At least five people have died since clashes broke out on April 26 after the ruling CNDD-FDD party, which has been accused of intimidating opponents, designated President Pierre Nkurunziza its candidate in the June 26 presidential election. On April 28, a spokesman for the President Nkurunziza said the President 'won't back down.' AFP PHOTO / SIMON MAINA (Photo credit should read SIMON MAINA/AFP/Getty Images)

アフリカ中部のブルンジで、ピエール・ヌクルンジザ大統領が3期目の立候補を表明したことを受け、軍少将がクーデターを宣言した。しかし5月14日、軍の参謀総長は「クーデターは失敗した」と発表し、隣国のタンザニアで会合に出席していた大統領が帰国し、首都ブジュンブラの戦闘が激化するなど混乱を極めている。ロイターなどが報じた。

朝日新聞デジタルによると、ブルンジでは憲法で大統領の3選を禁じており、この1カ月間、反大統領派の抗議デモが続き少なくとも数十人が死亡、約4万人が隣国のルワンダに避難している。

AFP通信によると、大統領の任期延長に反対して2月に解任されたゴドフロア・ニヨンバレ少将が13日にクーデターを宣言したが、ブルンジ国軍のプライム・ニヨンガボ参謀総長が国営ラジオで「ニヨンバレ少将のクーデターは阻止された」と発表した。

しかし、反大統領派のベノン・ヌダバネゼ警視総監はニヨンガボ参謀総長の声明を否定し、ブジュンブラの空港など主要施設は反大統領派が掌握していると主張し、軍内部や政府が分裂しているとみられる。

ロイターによると、ブジュンブラではヌクルンジザ大統領支持派と反大統領派の間で激しい戦闘が続き、約5万人の住民がタンザニア西部国境のタンガニーカ湖沿岸のカグンガ村に避難し、伝染病の発生が懸念されている。

Photo gallery ブルンジ動乱 See Gallery

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています