NEWS
2016年11月28日 20時50分 JST | 更新 2018年02月27日 22時29分 JST

アレッポに住む7歳少女バナ・アラベドさん、Twitterで激しい爆撃を伝える「生きたい、死にたくない」

「昨日から寝ていません。お腹がすきました」

Bana Alabed

激しい内戦が続くシリア北部の都市アレッポ東部に住む7歳の少女バナ・アラベドさんのツイートが世界中の関心を集める中、政府軍の攻撃が激しさを増し、バナさんは家族が「生死の間にいる」とツイートした。

バナさんは11月28日、アレッポの北東部サフール地区を制圧したシリア軍の爆撃についてツイートした。この地域は反体制派が支配していたが、4年ぶりに政府軍が支配下に置いた。1万人近くが支配地域外に脱出したとみられる。

ロシアの通信社によると、ロシア国防省の発表でアレッポ東部から119人の子供を含む900人以上が避難した

Photo gallery 内戦前のアレッポ See Gallery

【お知らせ】

ハフィントンポストでは、12月18日に働きかたに関するイベントを開催します。お申し込みは以下よりお願いします。

■イベント詳細と申し込み用フォームは下記リンクからもご確認いただけます。

http://peatix.com/event/214739/