WORLD
2017年09月10日 16時29分 JST | 更新 2017年09月11日 00時20分 JST

ビヨンセ、被災地で炊き出し 大型ハリケーンに襲われた故郷を訪ねる

「ヒューストンは私の家です」

beyonce / Instagram

8月25日、大型ハリケーン「ハービー」がアメリカ・テキサス州を直撃し、洪水など大きな被害の爪痕を残した。多くの建物が損壊し、これまでに少なくとも70人が死亡した

同州ヒューストン出身の歌手・ビヨンセは現地時間9月8日、長女のブルー・アイビーや元デスティニーズ・チャイルドのミシェアル・ウィリアムズらと被災地を訪ね、人々に炊き出しを振るまった。

ビヨンセのInstagramに炊き出しの様子が投稿された。

Thanks to everyone who donated to BeyGOOD and contributed to helping so many families in Houston. Thank you Pastor Rudy, Michelle, Ingrid and all at St. John's Church. Thank you to Trae Tha Truth and your crew. Y'all are so consistently dedicated to our community. Thank you!! There is still work to do so please continue to donate and do all you can to restore our city.

Beyoncéさん(@beyonce)がシェアした投稿 -

ヒューストン市内のセント・ジョンズ教会を訪れたビヨンセ。

被災者に向けたスピーチでは、「今日は、生き残ったことを祝う日です。みなさんは、私の家族です。ヒューストンは私の家です。みなさんが安全であること、みなさんの子どもたちが安全であることを、神様に感謝します」と述べた。