アート&カルチャー
2017年12月12日 17時28分 JST | 更新 2017年12月13日 17時49分 JST

年末年始にイッキ見したい!Netflixオススメ作品5選

クリスマス、年末、お正月……連休はNetflixとともに。

Netflix
Mike Blake / Reuters
Netflix

年末年始にはNetflix話題作をイッキ見!

年末年始は外出せずに、暖かい家でゆったり過ごしたい。せっかくだから、忙しくて後回しになっていた名作ドラマをイッキ見しよう。

1. ストレンジャー・シングス

Mario Anzuoni / Reuters
『ストレンジャー・シングス』キャスト

2016年にシーズン1が発表されるやいなや、世界中で大ヒットしたSFホラー作品『ストレンジャー・シングス』。超能力少女やオタク少年たちが、政府の超常現象実験によって作られた怪物と戦う様を描く。

80年代の名作映画へのオマージュがふんだんに盛り込まれた、映画ファン必見の一作。

超能力少女エル役を演じたミリー・ボビー・ブラウン(写真・中央)は、12歳にしてカルバン・クラインの「顔」に選ばれるなど、多方面で大活躍。

2019年公開予定のハリウッド版ゴジラ続編『ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ(原題)』でも主演を務める。

2. ザ・クラウン

WireImage
『ザ・クラウン』キャスト

英国史上最長の在位歴を誇るエリザベス2世。その激動の人生を描いた大河ドラマ。

100億円を超える破格の制作費を費やし、豪華衣装や女王の戴冠式を完全再現。

大人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の有名衣装デザイナーをヘッドハンティングした甲斐もあり、第69回エミー賞で衣装賞(歴史劇・ファンタジー部門)を受賞したほか、第74回ゴールデングローブ賞で作品賞を受賞した。

主演のクレア・フォイ(写真・左)は妊娠4カ月で本作のオーディションに挑み、エリザベス女王役を獲得。子育てと両立しながら過酷な撮影を乗り越えた。

3.マインドハンター

Getty Images
『マインドハンター』ジョナサン・グロフ

本年も多くの注目作がリリースされたNetflix。なかでも、鬼才デヴィッド・フィンチャー監督が手がけた本作『マインドハンター』は、世界中のドラマファンをうならせた。

舞台は、犯罪プロファイリングが確立される以前、1970年代後半のアメリカ。あるFBI捜査官が、独自の手法で連続殺人鬼の心理に迫っていくうち、自らも狂気に魅了されていく様を描く。

フィンチャー節炸裂の怪作ドラマは、名作『セブン』好きも必見の一作。

4. フラーハウス

WireImage
「フラーハウス』キャスト

あの家族が帰ってきた! 大人気ファミリードラマ『フルハウス』終了から21年。成長したタナー家の娘たち、DJ、ステファニー、隣人のキミーが、が新たに家族を従えて共同生活を再開。

父のダニーや叔父のジェシー、ジョーイなど、往年のメンバーに加え、キャラの濃〜い子供たちも登場。

パワーアップした家族の、相変わらずのドタバタ劇を見て、新年初笑いを!

5. パニッシャー

Jim Spellman via Getty Images
『パニッシャー』ジョン・バーンサル

『アベンジャーズ』をはじめとした『マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)』のドラマ化作品も手がけるNetflix。

本作『パニッシャー』は、2年前にNetflix制作で配信開始されたMCU作品『デアデビル』のスピンオフ作品だ。

2017年の最高傑作との呼び声も高く、主演のフランク(パニッシャー)を演じるジョン・バーンサルの、息を飲む名演にも魅了されること間違いなし。

『ウォーキング・デッド』ファンからも熱視線を注がれている、注目度ナンバーワン作品。

SF、サスペンス、ヒューマンドラマ... バリエーション豊かな作品の中には、気にいるものがきっとあるはず。ドラマとともに、良い冬休みを!