2018年03月09日 07時47分 JST | 更新 2018年04月09日 13時54分 JST

お金も知識もないけど、投資家になれる。クレカのポイントで「資産運用」はじめました

仮想通貨バブルを逃したあなたへ

HuffPost

「小人さんが働いてくれて、お金が増えたらいいのになあ」――怠惰な性格なので、いつもそんな妄想をしている。

私は、子育てしながら働いている30代。子どもの将来と、自分の老後のために、少しでも資産形成したいと考えているけれど、余裕のない毎日の中でなんとなく先送りにしてきた。「給料上がらないかなあ」なんて、共にぼやいてきた友人たちはビットコインでかなり稼いだらしい。10万円がウン百万円になったとか、そんな話もしていた。

資産運用に明るくない私は、仮想通貨バブルにかすりもせず、乗り遅れてしまった。この世の中、お金が得意な人たちに有利すぎない?

その手があった!クレカのポイントを投資する「マネーハッチ」

投資は未経験ではあるものの、興味はある。ただし、知識もなければ、資産もない。そんな私でも「元手ゼロ」から始められる資産運用があると聞いたので、ちょっと調べてみた。

それはインヴァスト証券が提供している「マネーハッチ」。インヴァスト証券がジャックスと提携して発行しているクレジットカード「インヴァストカード」で支払い付与されるポイント(還元率1%)で投資できる。

元手ゼロで始められるというのは、クレジットカードで貯めたポイントを原資としているから。ポイントは"1円単位で自動現金化"され、貯まった資金をもとに、自動で金融商品を購入してくれる。

たとえばインヴァストカードで毎月10万円を支払う場合、1000ポイント⇒1000円と自動で現金還元され、それを元手に金融商品を自動で買ってくれるのだ。

月に1000円の投資を、少なく感じる人もいると思うが、貯まったポイントを活用できていないまま失効した経験が多く、無頓着な私にとっては、毎月1000円でも自動で現金化でき、かつ投資にまわせるのはとてもありがたい。

これなら私にもできるかも。さっそく始めてみることにした。

まずは、口座を開設しよう

「インヴァストカード」を入手するためには、まず「マネーハッチ」のサイトから口座を開設する。申し込み時に規約・約款等をチェックし、個人情報や口座情報を入力。本人確認書類を送付すると、審査が始まる。すべてWEB上で完結でき、口座開設後に「インヴァストカード」に申し込む流れだ。

すぐにでも始めたいところだが、カードが届くまで、いったん落ち着いてマネーハッチの予習をしてみることにする。

何に投資する?自動で分散投資できる「ETF

マネーハッチは国内外の株式市場を対象とした金融商品「ETF」に、自動で投資してくれるサービス。ETFとは、"Exchange Traded Funds"の略称で、いろいろな株式銘柄の集合体。年金基金なども利用する信頼ある金融商品であることがわかった。

「インヴァストカード」を利用すると、最初に投資される銘柄は「世界株ETF自動売買」。世界の株式市場の時価総額約80%に分散投資するという銘柄で、過去10年の運用実績を見ると、元手資金が1.5倍になっており、実力も申し分なさそう。

インヴァスト証券

あとから変更・追加することもできるが、私には、これで充分だと感じた。

小人さんたちが働いてくれている!? ポイントを貯めるのも楽しみに

マネーハッチは、一度運用がスタートしたら、自動で「売ったり、買ったり」してくれるので、初心者にはありがたい。

投資を始めると「価格が気になって、仕事に集中できないかもしれない」「ずっとチャートに張り付いていなきゃいけないんじゃないの?」というイメージを持っていたが、その心配はない。自動で取引してくれた結果の通知がこまめにメールで届くので、いつでも現状を把握できるし、通知をオフにしておけば煩わしさもなくなる。

活用しきれなかったクレカのポイントをもとに「小人さんが働いてくれている」状態が実現するのだ。

HuffPost

ポイントを"効率よく"貯めよう

今まで活用しきれなかったクレジットカードのポイントを元手に、投資家デビューした私。ポイントが貯まれば資産運用にまわせる。目的が明確になったおかげで、ポイントを貯めることも、なんだか楽しくなってきた。

クレジットカードのポイントを上手に貯める方法はいくつかあるが、まずは光熱費、通信費などの公共料金や、保険料など、固定の支払いをカード払いに指定して、ひとつにまとめよう。

また、インヴァストカードならETCカードが年会費無料で申し込めるのもメリット。ETCカードの利用分も1%の還元率でポイントが貯まる。車に乗る機会の多い人にはおすすめだ。

ポイント上級者になると、飲み会の幹事を引き受けて、支払いをクレジットカードにするというワザを使う人もいるのだとか。この春は、歓送迎会の幹事に立候補してみようかな......。

リアルに実感できる、投資のチュートリアル

マネーハッチは、仮想通貨みたいに「短期間で何十倍になって、そのあと急落!じわじわ回復してさらに倍に!」というようなドラマチックな展開はなかなか味わえないかもしれない。

だけど、これから資産運用を始めたいと考えている初心者にとっては、投資のしくみを学べるいいサービスだ。インヴァスト証券によると、マネーハッチ(Money Hatch)は、"お金をふ化させる"投資に対する殻を破ってほしいという意味を込めてつけられた名称で、「習うよりも慣れる」というコンセプトのサービスだそう。クレカのポイントを使ったいわば、投資のチュートリアルだ。

実際に、マネーハッチを数日つかっていくうちに、どんな資産に投資しているのか、資産価格はどれくらい変動するのかもわかるようになってきた。話題の経済ニュースも、なんだか身近に感じられるようになったのだ。

HuffPost
今までは入門書を読んでも、ネットで情報収集をしても、まったく内容が頭に入ってこなかったのに、少しずつ資産運用について理解できるようになってきた。小人さんたちも応援してくれている気がする。

この世の中が、お金に得意な人に有利なのではなく、やるかどうかは本人次第。仮想通貨も資産運用も、うまくいっている人がいたとしたら、それはきっと勉強したり情報収集したり、なにか行動しているということ。マネーハッチを体験してみた私は、これまでの考えをあらため、ひとりの大人として、お金について向き合っていこうと決めた。

クレジットカードのポイントをうまく活用できていない人や、投資に興味はあるけれどなかなか始められないという人は、マネーハッチを試してみては? しばらく続けて感覚を掴めてきたら、コツコツ貯めてきた貯蓄の一部を投資にまわして、将来に向けて運用するのもアリだろう。これからの人生で、得られる選択肢も増えていくはずだ。

【関連リンク】
インヴァストカード
マネーハッチ

(イラスト:加藤陽子)

◇◇◇

【リスク・費用などについての重要事項】

本取引は、対象とする銘柄の価格変動や、金利等、外国為替の価格変動、原市場の状況および原資産の発行者による信用状況の悪化等により損失が生ずるおそれがあります。 保有ポジションについては、金利・貸株料調整額や分配相当額の受払いが発生する場合があります。 インヴァスト証券株式会社は、有効証拠金率が一定水準以下となった場合、全建玉を自動的に強制決済(ロスカット)いたしますが、本取引は、預託すべき証拠金額以上の取引が可能なため、 急激な相場の変動等によっては、証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがあります。原市場が定める上場廃止基準に該当して、上場廃止となる場合があります。

●売買手数料は、新規・決済注文ともに無料です。●本取引は、各銘柄の売付けの価格と買付けの価格に差(スプレッド)があり、相場急変時等はスプレッドが拡大する場合があります。●証拠金は、個人・法人ともに1口あたり想定元本の円換算額の20%以上となっており、証拠金の約5倍までのお取引が可能です。

本取引は、元本および収益が保証された取引ではありません。本取引の仕組みや重要事項について、インヴァスト証券株式会社のホームページをご確認、ご理解いただいたうえでお客様ご自身の責任と判断でお取引ください。

インヴァスト証券株式会社  東京都港区西新橋一丁目6番21号 NBF虎ノ門ビル

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第26号

【加入協会】一般社団法人金融先物取引業協会 一般社団法人日本投資顧問業協会 日本証券業協会