WORLD
2018年03月22日 02時50分 JST | 更新 2018年03月22日 02時50分 JST

テキサス連続爆弾事件の容疑者、カーチェイスの末に自爆死 知人「静かな子だったが…」

州知事によると、容疑者は無職で、犯罪歴も軍隊経験もないという。

Scott Olson via Getty Images
容疑者が乗っていた車

テキサス州オースティンで3月2日以降続き、死者2人を出した連続爆弾事件の容疑者が3月21日(現地時間)、警察とカーチェイスを繰り広げた末に自爆死した。

AP通信によると、警察は容疑者をマーク・アンソニー・コンディット(24)と確認。テキサス州フラッガービルの住人だという。

Facebook
マーク・アンソニー・コンディット容疑者

オースティン市警のブライアン・マンリー署長によると、容疑者は警官に追跡される中、車内で爆発物を起動させて自爆死した。警官1人もケガをしたという。

オースティン近郊のホテルで容疑者の車を発見した警官たちは、テクニカルチームに救援を求めた。しかし、チームが到着する前に容疑者が車で逃走、警官たちも追跡した。その後、容疑者が車を止め、爆発物を起動した。

Loren Elliott / Reuters

マンリー署長は、警官たちがビデオの記録や、目撃者の証言で容疑者を突き止めたと語った。動機や共犯者の有無はまだわからないという。

コンディット容疑者については、警察もずっとマークしていたが、第一容疑者として浮上したのは、死の36時間前だったという。

容疑者のグーグル検索履歴を調べたところ、コンディット容疑者がオースティンと周辺部の住所を調べていたことがわかったという。地元メディア「オースティン・アメリカン・ステートマン」が警察情報として伝えた。

■近所の住人

容疑者を知る人たちは、驚きの声を上げた。

「何が何だかわからない。彼は良い子だったから」

ジェフ・リーブさん(75)はハフポストにこう語った。

「ホント静かな子だった。知っている範囲のことしか言えないけど、良い子だったし、普通の子だったよ」

「こんなこと、超意外だったよ」「なんて言って良いかもわからないね」

■元職場の従業員

コンディット容疑者は8月まで、オースティンの小さなエンジニア店で働いていたという。彼は期待にそぐわなかったのでクビになったと、店の従業員が地元テレビに語った。

この従業員は、コンディットについて「静かで、内向きで、無口な、打ち解けないやつだった」と語った。

HuffPost
容疑者の自宅付近を封鎖する警察官たち

■動機は不明

テキサス州のグレッグ・アボット知事は、事件が起きた理由や経緯を明らかにするため、関係機関が証拠を精査しているとFox Newsに語った。

「なぜこのような人物が、このようなことを試みたのか。いま様々な情報を集めて、全貌を把握しようとしています」

「政治的な信条があったのか、それとも誰かに対して何かを怒っていたのか、それとも単にテロを起こしたかっただけなのか。動機は何もわかっていません」

アボット知事によると、コンディット容疑者は職業についておらず、犯罪歴もなく、軍隊経験もないという。

「容疑者がどうやって爆弾を作るスキルを身につけたのかも、まだわかっていません」

■連続爆弾事件

テキサス州オースティンとその近郊では、3月に6件の爆弾事件があり死者2人と、負傷者5人が出た。警察と地元は警戒を強めていた。

マンリー署長は「警察としては、この人物が、3月2日以降に起きたすべての事件の首謀者だとみています」と語る。その一方で署長は、容疑者が生前に郵送したり、設置した爆弾があるかもしれないので、地域住民に警戒を続けてほしいと呼びかけた。

トランプ大統領は次のようにツイートした。

「オースティン爆破事件の容疑者は死んだ。警察とすべての関係者はよくやった」

この記事はハフポストUS版から翻訳・編集しました。