NEWS
2018年05月06日 21時46分 JST | 更新 2018年05月06日 22時11分 JST

4人になったTOKIO、山口達也さんの契約解除にコメント「原点に戻り、前を向いていきたい」(全文)

「誰のために何をすべきか、それだけを考え続けた日々でした」

Huffpost Japan
記者会見に臨むTOKIOのメンバー4人(5月2日)

ジャニーズ事務所は5月6日、強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となったTOKIOの山口達也さんとの契約を解除した。残るメンバー4人で臨んだ5月2日の記者会見で、山口さんから退職願が手渡されたことを明かす一方、処遇は決めていないなどと説明していたが、本人やTOKIOメンバーとの話し合いなどから契約解除に至ったという。

これを受け、城島茂さんと国分太一さん、松岡昌宏さん、長瀬智也さんのメンバー4人は6日、所属事務所を通じて連名のコメントを発表。

サンケイスポーツなどによると、全文は以下の通り。

--------

誰のために何をすべきか、それだけを考え続けた日々でした。

僕らメンバー、一人一人の今の気持ちを表現するには言葉だけでは足りませんし、何より、これ以上言葉で語るべきものではないと思います。

自分たちに変えられるものがあるとすれば、それは明日であり、目の前にあることからです。

今一度TOKIOとして原点に戻り、それぞれが己と向き合い、誰のために、いったい何をするべきなのかをしっかりと考え、前を向いていきたいと思います。

TOKIO

城島茂 国分太一 松岡昌宏 長瀬智也

--------