NEWS
2018年05月28日 10時46分 JST | 更新 2018年06月08日 19時32分 JST

キムタクの娘がモデルデビュー。木村拓哉と工藤静香の次女“コウキ”「両親が私の誇りです」

15歳で「エル・ジャポン」7月号の表紙を飾った。

元SMAPの木村拓哉さんと、歌手の工藤静香さんの次女がモデルデビューした。5月28日に発売された女性ファッション誌「エル・ジャポン」7月号の表紙を飾った。スポニチなどが報じた。

ネット上では「キムタクそっくり!」「オーラが工藤静香で顔がキムタクやん」と圧倒される声が広がっている。

ELLE JAPON
『エル・ジャポン』7月号の表紙を飾ったコウキ

モデル名はKōki(コウキ)。15歳ながら身長は170センチ。82万円のフェザードレスや、129万円のシャネルのバッグなどハイブランドを着こなした。撮影を手がけたのは広告写真界のベテラン、操上和美さんだった。

「エル・ジャポン」の誌面では両親が誰かについて触れていないが、コウキ自身はインタビューで「チャームポイントは目と、両目の横にあるホクロです」と笑い、次のように話していた。

「母には右、父には左の同じ位置にホクロがあるんですけど、私のふたつのホクロは両親それぞれからもらったギフトだと思っています」

そして以下のように両親への思いを明かした。

「人は人、自分は自分。誰かと比べることなく自分を信じる強さと、長所と短所をしっかりと見つめて前に進むことの大切さ。それを教えてくれた両親が私の誇りです」

 

■エル・ジャポンの動画